ファン投票で選ばれた富樫勇樹は5年連続5回目の出場となる(写真は20年大会のもの) ©B.LEAGUE

Bリーグオールスター2021、全出場選手を発表 今季は水戸で「夢中を、灯せ。」

2020.12.21 2021.1.13更新

※1月15、16日に茨城県水戸市で予定していたオールスターゲームは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止になりました。(1月13日更新)

2021年1月15、16日に開催されるプロバスケットボールBリーグのオールスターゲーム「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021 IN MITO」に関し、12月16日、SNS投票を含む各チーム全13名の出場選手およびヘッドコーチが決定した。

富樫や田中、宇都、ファジーカスが5年連続出場

2021年のオールスターゲームはアダストリアみとアリーナ(水戸市)を舞台に、15日はダンクコンテストやスリーポイントコンテストなどのイベント、16日には19-20シーズン年間暫定順位をもとにチーム分けしたB.BLACK (ブラック)VS. B.WHITE(ホワイト)の試合を実施する予定。

オールスターゲームは17年に東京で初めて開催され、18年は熊本、19年富山、20年札幌と年々、盛り上がりを見せている。2度目の祭典の熊本では16年4月の熊本地震からの復興支援を掲げたのをはじめ、地域のバスケット熱を盛り上げたり地域の魅力を全国に発信したりすることも見据え、今回の演出テーマは「夢中を、灯せ。」となっている。

注目の出場選手は「オールスター総選挙」により両チーム各13名で編成される。スターティング5を決定するファン投票では、昨年の261万30票を大きく上回る426万1526票の投票があった。これに両チーム7名ずつの「B.LEAGUE推薦」を加え、最後の1枠はSNS投票にて決定した。

なお、ファン投票でB.BLACKのスターティング5に選出されていた比江島慎(宇都宮ブレックス)は負傷により欠場となる。B.LEAGUE推薦として選出されている田中大貴(アルバルク東京)がスターティング5として出場し、B.LEAGUE推薦として石井講祐(サンロッカーズ渋谷)が追加された。

●B.BLACK

  • ファン投票 0:田臥勇太(宇都宮ブレックス/2年ぶり4回目)
  • B.LEAGUE推薦 24:田中大貴(アルバルク東京/5年連続5回目)
  • ファン投票 22:ライアン・ロシター(CAP、宇都宮ブレックス/3年連続4回目)
  • ファン投票 4:ジェフ・ギブス(宇都宮ブレックス/3年連続3回目)
  • ファン投票 32:ジュリアン・マブンガ(富山グラウジーズ/初選出)
  • B.LEAGUE推薦 11:須田侑太郎(アルバルク東京/3年ぶり2回目)
  • B.LEAGUE推薦 9:ベンドラメ礼生(サンロッカーズ渋谷/2年ぶり2回目)
  • B.LEAGUE推薦 27:石井講祐(サンロッカーズ渋谷/2年ぶり2回目)
  • B.LEAGUE推薦 1:リチャード・ソロモン(富山グラウジーズ/初選出)
  • B.LEAGUE推薦 2:齋藤拓実(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ/初選出)
  • B.LEAGUE推薦 5:アイザイア・マーフィー(広島ドラゴンフライズ/初選出)
  • B.LEAGUE推薦 25:平尾充庸(茨城ロボッツ/初選出)
  • SNS投票 13:宇都直輝(富山グラウジーズ/5年連続5回目)
  • ヘッドコーチ ルカ・パヴィチェヴィッチ(アルバルク東京/3年連続3回目)

○B.WHITE

  • ファン投票 2:富樫勇樹(千葉ジェッツ/5年連続5回目)
  • ファン投票 7:篠山竜青(川崎ブレイブサンダース/4年連続4回目)
  • ファン投票 14:金丸晃輔(CAP、シーホース三河/3年連続4回目)
  • ファン投票 22:セバスチャン・サイズ(千葉ジェッツ/2年連続2回目)
  • ファン投票 42:ニック・ファジーカス(川崎ブレイブサンダース/5年連続5回目)
  • B.LEAGUE推薦 23:ジョーダン・テイラー(レバンガ北海道/初選出)
  • B.LEAGUE推薦 21:ギャビン・エドワーズ(千葉ジェッツ/2年ぶり2回目)
  • B.LEAGUE推薦 11:増田啓介(川崎ブレイブサンダース/初選出)
  • B.LEAGUE推薦 60:辻直人(川崎ブレイブサンダース/初選出)
  • B.LEAGUE推薦 1:サーディ・ラベナ(三遠ネオフェニックス/初選出)
  • B.LEAGUE推薦 32:シェーファー アヴィ幸樹(シーホース三河/2年連続2回目)
  • B.LEAGUE推薦 3:並里成(琉球ゴールデンキングス/2年ぶり2回目)
  • SNS投票 0:寺嶋良(京都ハンナリーズ/初選出)
  • ヘッドコーチ 佐藤賢次(川崎ブレイブサンダース/初選出)

チーム編成は以下の通り。()内は19-20の年間暫定順位。

●B.BLACK
アルバルク東京(B1・1位)、宇都宮ブレックス(B1・4位)、大阪エヴェッサ(B1・5位)、サンロッカーズ渋谷(B1・8位)、滋賀レイクスターズ(B1・9位)、富山グラウジーズ(B1・12位)、名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(B1・13位)、横浜ビー・コルセアーズ(B1・16位)、島根スサノオマジック(B1・17位)、広島ドラゴンフライズ(B2・2位)

○B.WHITE
川崎ブレイブサンダース(B1・2位)、琉球ゴールデンキングス(B1・3位)、シーホース三河(B1・6位)、千葉ジェッツ(B1・7位)、京都ハンナリーズ(B1・10位)、秋田ノーザンハピネッツ(B1・11位)、レバンガ北海道(B1・14位)、新潟アルビレックスBB(B1・15位)、三遠ネオフェニックス(B1・18位)、信州ブレイブウォリアーズ(B2・1位)

20年は札幌で開催され、123対117でB.BLACKがB.WHITEに勝利。折茂武彦がMVPに選ばれた ©B.LEAGUE

今大会もオークションを実施

また、「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021 IN MITO チャリティーオークション」も実施する。オールスターゲーム後、出場選手サイン入りユニフォーム(上下26点)やコンテスト優勝者サイン入りボール(3点)、B.Hope活動選手サイン入りTシャツ(2点)をオークションに出品。売上金は21年6月に開催予定の選手会×B.Hopeの活動資金に活用する。日程やオークションサイトなど、詳細はオフィシャルサイトを参照。(文・4years.編集部)

「B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2021 IN MITO」オフィシャルサイト