大学アメフト

慶應アメフト部が無期限の活動自粛を表明 男子部員が女子風呂を盗撮か

慶應義塾大アメリカンフットボール部が無期限で活動を自粛する。1015日午後、同大学体育会理事と同部の部長の連名で発表された。アメフト部「ユニコーンズ」は15日現在、関東大学リーグ1TOP821敗。直近の第3節では優勝候補の明治大を破っていた。

発表された文書では「複数の部員による著しく不適切な行為があったため」としている。詳細については「教育的観点およびプライバシー保護の観点から」公表できないとした。

複数の関係者によると、8月の夏合宿で複数の男子部員が女子風呂の様子を盗撮したという。関わった部員は831日のリーグ初戦を前に部から謹慎処分を受け、ここまでの3試合には関わっていなかった。また、こうした現状に愛想を尽かしてチームを離れた部員も複数いるという。

関東学生連盟によると、慶應は第4節以降の試合を棄権し、不戦敗扱いとなる。慶應が来年度は1BIG8へ降格するかどうか、今シーズンここまでの21敗の戦績を有効とするかどうかを含めて、慶應の代表者も出席した理事会で決めるという。

出場停止処分を受けて昨秋のシーズンを失った日大は現在、降格した1BIG83戦全勝と、横浜国立大と並んで首位に立っている。慶應がBIG8へ降格となった場合は、日大がBIG8を制した時点で来シーズンのTOP8昇格が決まる。