大学アメフト

関学アメフト部の新監督にOBの大村和輝氏

関学ファイターズの新監督に就任した大村氏(右、ともに撮影・北川直樹)

昨年12月の甲子園ボウルで30度目の学生アメフト日本一に輝いた関西学院大学ファイターズの新監督に、2月1日付けでアシスタントヘッドコーチの大村和輝(48)氏が就任する。1月22日、午後2時から西宮市内で記者会見を開いて発表される。大村氏は中学部からの関学育ち。大学では1、2回生のときにOL(オフェンスライン)、3回生はDL(ディフェンスライン)、4回生はTE(タイトエンド)として活躍。1991、93年の大学日本一に貢献した。

大学卒業後は社会人Xリーグのチームでコーチを9年半。その間にハワイ大学での1年半のコーチ留学も経験した。2009年に関学のコーチとなり、翌10年からアシスタントヘッドコーチ。オフェンスのプレーの決定権を持つオフェンスコーディネーターとして関学の強さを支えてきた。

1992年から監督を務めてきた鳥内秀晃氏(61)が昨年2月に翌シーズン限りでの退任を表明。1月3日のライスボウルがラストゲームとなっていた。鳥内氏は監督生活の晩年、「最近はぜんぶ大村に丸投げや」が口癖だった。

1月3日のライスボウルの試合後、関学コーチ陣の記念写真に収まる大村氏(前列右、同列左が鳥内秀晃氏)