• 第89回日本学生陸上競技対校選手権大会

    9月11~13日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムにて学生日本一を決める日本学生陸上競技対校選手権大会(日本インカレ)が開催されます。今年は3日に短縮され、無観客の中、競技人数や試技回数を制限した上での実施となりましたが、全国から選手が集い、持てる力すべてを出しきって挑みます。

  • 東京六大学 2020真夏の春リーグ

    8月10日から17日まで、東京六大学野球春季リーグ戦が4カ月遅れで開幕します。第2次世界大戦後に再開された1946年春以来、実に74年ぶりとなる1試合総当たり制の短期決戦となる真夏の春リーグを、どう戦うのか。各大学の監督・主将へのインタビュー、試合レポートをお届けします。

  • 4years.×ギフティング

    4years.では、大学をはじめスポーツを広く支援するギフティングサービスを「Unlim(アンリム)」と連携して展開しています。「活動資金に苦労している」「競技の普及や次世代育成のために資金を集めたい」。そんなアスリートのみなさんを4years.は応援します。そして、ファンのみなさんの思いをアスリートに届けます。

  • ビデオレター「2020年を忘れない」

    今シーズンは新型コロナウイルスの影響で様々な競技の大会が中止・延期となり、とくにラストイヤーとなる4年生にとっては、集大成となる舞台に立てない悔しさ・もどかしさは大きなものだと思われます。その中でも自分たちができる最大限を尽くして戦っている今の思いを、ビデオレター(動画)にして届けてもらいました。

  • いざ、東京オリンピック・パラリンピック

    4years.では、かつてオリンピック・パラリンピックで活躍した方や、2020年東京オリンピック・パラリンピック出場を目指す大学生アスリートのみなさんへのインタビュー記事を中心に、随時お届けしていきます。

  • 第11回ラクロス全日本大学選手権

    第11回ラクロス全日本大学選手権大会は今年、京都、仙台、名古屋、大阪、佐賀の各地域で実施され、12月1日、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で決勝を迎えます。今年は男女の優勝者のみが、12月15日に実施されるクラブ日本一との全日本選手権大会に進みます。学生日本一、そして日本一への挑戦権を手にするのはどのチームか。

  • 平成に輝いた4years.

    平成の時代が終わり、令和の時代が始まります。いまこそ、平成の30年あまりの間に輝いた大学生アスリートに目を向けましょう。大学での4年間に何を考え、どう競技と向き合い、その経験はどう生かされているのか。3人に取材してまとめた連載「平成に輝いた4years.」をお届けします。

  • 第96回箱根駅伝

    「三大駅伝」を締めくくる箱根駅伝。第96回大会にはオープン参加の関東学生連合チームを含む20校+1チームが出場します。「戦国駅伝」とも言われる今シーズン、栄冠をつかむのはどこの大学となるのか。予選会から事前取材、本番まで様々な情報をお伝えしていきます!

  • 第30回ユニバーシアード

    2年に1度開催され、「学生のオリンピック」とも呼ばれているのがユニバーシアードです。台湾・台北が舞台だった前回、日本は37個の金メダルを獲得し、夏季大会では初めてメダル獲得ランキング1位となりました。今年は7月3日から14日まで、イタリア・ナポリで開催されます。この特集では、過去に活躍した選手が振り返る「私のユニバ」とともに、今大会に挑む注目の選手たちを紹介していきます。

  • ラグビーW杯戦士の4years.

    2019年のラグビーワールドカップ(W杯)で日本代表は初のベスト8入りを果たし、自国開催の大会でラグビー人気の向上につなげた。社会現象にもなった盛り上がりの真ん中にいた代表選手に大学時代を語ってもらうシリーズです。随時お届けします。

  • 関学アメフト・鳥内監督ラストイヤー

    学生アメフト界の名物監督がフィールドを去ります。1992年から関西学院大学ファイターズを率いてきた鳥内秀晃監督(61)が2020年1月3日のライスボウルで敗れたのを最後に、退任します。甲子園ボウルで12度の優勝、ライスボウルも2002年に制しました。部員たちに「どんな男になんねん」と問いかけ続けてきた名将の素顔に迫ります。

  • 第98回関東学生陸上競技対校選手権

    5月23日~26日の4日間、年に1度の関東学生陸上競技対校選手権大会 (関東インカレ) が開催されました。箱根駅伝をわかせた各校のエース級の選手も登場。大学トップレベルの真剣勝負が繰り広げられ、熱く燃えた4日間の記録をいま一度ご覧ください!