• 全日本バレー大学選手権2020

    2020年度全日本バレーボール大学男女選手権大会が11月30日~12月6日にかけて開催されます。男子が73回目、女子が67回目となり、男子は早稲田大学の4連覇が、女子は筑波大学の3連覇がかかっています。今年は新型コロナウイルスの影響で出場校を男女ともに36チームに絞り、土日曜日開催の3位決定戦・決勝のみ、観客を入れて実施されます。この特集では今大会の注目選手や速報リポートなどをお届けします。

  • 第72回全日本大学バスケ選手権

    12月7日、大学日本一を決する全日本大学バスケ選手権が開幕します。昨年、男子は筑波大学が3年ぶり5度目の優勝、女子は東京医療保健大学が3年連続3度目の優勝をなしとげました。この特集では今大会の注目選手や速報リポートなどをお届けします。

  • いざ、東京オリンピック・パラリンピック

    4years.では、かつてオリンピック・パラリンピックで活躍した方や、2020年東京オリンピック・パラリンピック出場を目指す大学生アスリートのみなさんへのインタビュー記事を中心に、随時お届けしていきます。

  • 4years.×ギフティング

    4years.では、大学をはじめスポーツを広く支援するギフティングサービスを「Unlim(アンリム)」と連携して展開しています。「活動資金に苦労している」「競技の普及や次世代育成のために資金を集めたい」。そんなアスリートのみなさんを4years.は応援します。そして、ファンのみなさんの思いをアスリートに届けます。

  • フィギュアスケート×ギフティング

    フィギュアスケートは国内外の多くの関係者やファンに支えられています。4years.編集部ではフィギュアスケートを応援するため、スポーツ支援に力を入れるミクシィと提携。同社が運営するギフティング(寄付)サービス「Unlim アンリム 」を活用し、フィギュアスケート選手を応援する特集ページを作りました。4years.では選手の活躍を伝えるコンテンツ配信だけでなく、ギフティングサービスの手続きや利用に関してサポートもしています。フィギュアスケートは遠征費や練習代など多額の活動費がかかり、その負担はコロナ禍に直面し、さらに増しているという声もあります。選手たちが金銭面で苦労することなく競技に打ち込み、応援してくれる方々に素晴らしい演技を届けられる環境を目指し、力になりたいと考えています。

  • 第52回全日本大学駅伝

    熱田神宮(名古屋)から伊勢神宮(三重)までの106.8kmを8人でつなぐ、学生三大駅伝の一つの全日本大学駅伝。昨年は東海大学が16年ぶり2度目の優勝を果たしました。今年は11月1日に開催されます。4years.では各地区の選考会や出場決定校の選手たちに取材、当日のレースまで密着します。

  • ビデオレター「2020年を忘れない」

    今シーズンは新型コロナウイルスの影響で様々な競技の大会が中止・延期となり、とくにラストイヤーとなる4年生にとっては、集大成となる舞台に立てない悔しさ・もどかしさは大きなものだと思われます。その中でも自分たちができる最大限を尽くして戦っている今の思いを、ビデオレター(動画)にして届けてもらいました。

  • 2020年 大学球界のドラフト候補たち

    2020年のプロ野球ドラフト会議は11月5日に予定されていたが、10月26日へ前倒しされた。新型コロナウイルスの感染拡大で全日本大学野球選手権が中止になるなど影響は大きいが、今年の大学生のドラフト候補たちを紹介します。

  • 第89回日本学生陸上競技対校選手権大会

    9月11~13日、新潟・デンカビッグスワンスタジアムにて学生日本一を決める日本学生陸上競技対校選手権大会(日本インカレ)が開催されます。今年は3日に短縮され、無観客の中、競技人数や試技回数を制限した上での実施となりましたが、全国から選手が集い、持てる力すべてを出しきって挑みます。

  • UNIVASは日本の大学スポーツを変えるか

    2019年3月1日、大学スポーツの統括組織である「一般社団法人大学スポーツ協会」(通称UNIVAS=ユニバス)が発足しました。大学の運動部には全体を束ねる組織がなかったことから、全米大学体育協会(NCAA)を参考に設立準備が進められた背景があります。11月18日現在、早稲田大や中京大、立命館大など222の大学と、34の競技団体が加盟。UNIVASの現状と今後について、4回の連載で描いていきます。

  • 東京六大学 2020真夏の春リーグ

    8月10日から17日まで、東京六大学野球春季リーグ戦が4カ月遅れで開幕します。第2次世界大戦後に再開された1946年春以来、実に74年ぶりとなる1試合総当たり制の短期決戦となる真夏の春リーグを、どう戦うのか。各大学の監督・主将へのインタビュー、試合レポートをお届けします。

  • 第11回ラクロス全日本大学選手権

    第11回ラクロス全日本大学選手権大会は今年、京都、仙台、名古屋、大阪、佐賀の各地域で実施され、12月1日、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で決勝を迎えます。今年は男女の優勝者のみが、12月15日に実施されるクラブ日本一との全日本選手権大会に進みます。学生日本一、そして日本一への挑戦権を手にするのはどのチームか。