フィギュアスケート

【動画】明治大学・本田真凜インタビュー「演技できる機会を大切にしたい」

2016年世界ジュニアフィギュアスケート選手権を14歳で制した本田真凜(JAL)。現在は明治大学政治経済学部に通う21歳の学生アスリートです。オフシーズンはアイスショー「プリンスアイスワールド」に出演したり、テレビのスポーツ番組でMCを務めたり、多彩な活躍を見せてくれました。4years.では本田の単独インタビューを実施。「スケートから離れたい」と思うほどつらい時期があったこと、学生生活や今シーズンのプログラム、これからのスケート人生など語ってくれました。インタビューの様子を動画で紹介します。(2022年6月撮影)

【関連記事】

「スケートから離れたい」どん底から戻ってきた20歳の現在地 明大・本田真凜(上)
「いつか選手の振り付けをしてみたい」花開く表現の才能 明大・本田真凜(下)
【写真】宇野昌磨、鍵山優真、本田真凜ら「プリンスアイスワールド」で観客を魅了

in Additionあわせて読みたい