大学陸上・駅伝

特集:駆け抜けた4years. 2020

立命館の長距離エース今井崇人 名門・旭化成で陸上人生をかけた挑戦スタート

4回生の日本インカレ10000mで7位となり、叫ぶ(撮影・松尾誠悟)

昨シーズン、立命館大学陸上部の長距離のエースとして活躍した今井崇人(たかと、4年、宝塚北)は、この春から実業団の名門旭化成で競技を続ける。立命で4年間指導を受けた高尾憲司コーチも、かつて旭化成に所属し、アジア大会10000mで金メダルをとり、世界選手権を2度経験している。恩師と同じ道を歩む今井は「立命のエース」から、どこまで駆け上がっていくだろうか。 

高校から陸上、1浪して立命館へ

今井は中学校までサッカーをしていた。走ることが好きだったこともあり、高校から本格的に陸上を始めた。高校時代は全国大会に届かず、大学進学にあたって関東に出ていくか、関西に残るかで悩んだ。「関東の大学の厳しい練習では体が壊れる可能性もある。地元に残りたいという思いも強かったです」と今井。友だちから立命の練習環境がいいと聞いて、1浪の末に入学した。 

3回生のときの日本インカレ10000mで4位に食い込み、今井の名が全国に知られるようになった(撮影・松嵜未来)

初めて全国的に注目を浴びたのは3回生の日本インカレだった。男子10000mで4位に食い込んだ。日本勢では同学年で青山学院大の吉田祐也(東農大三)に次ぐ2番目でゴールした。「運が重なったこともあっての結果です」と振り返る今井は、学生ラストイヤーを迎えるにあたり「実力で日本人トップになる」との目標を掲げた。 

4回生の日本インカレは外国人留学生との勝負に出た(撮影・松尾誠悟)

苦しいラスト1年、支えられて最後に関西学生新記録

だが、最後の1年は序盤から不調にあえいだ。昨年5月にあった関西インカレ5000mでは、優勝した関西学院大のエース石井優樹(4年、布施)に約3秒遅れの4位。悔しさを胸に9月の日本インカレにすべてを注ぐと決めた。厳しい夏の練習を積み、迎えた本番。前年に4位に入った10000mで勝負に出た。レダマ・キサイサ(桜美林大4年)、フィリップ・ムルワ(創価大1年)、ローレンス・グレ(札幌学院大2年)といった外国人留学生らで構成された先頭集団に、日本勢としてただ一人、今井が食らいついた。3000mすぎで離され、単独走に。大きな集団に吸い込まれた。目標としていた優勝はならず、7位だった。外国人留学生についていくレースは、今井が考えた攻めのレースプランだった。

「最低、日本人トップに入りたかったです。ちょっと速かったですね。ペースは速かったですが、そこまで速くは感じなかったです。ひるまず、ついていったことに意味があったと思ってます」 

昨年の出雲駅伝で過去最高に並ぶ6位となり、立命館の面々の笑顔がはじけた(撮影・松尾誠悟)
昨年の全日本大学選手権で区間15位に沈み、レース後1週間は落ち込んだ(撮影・松尾誠悟)

夏を越え、秋の駅伝シーズンに入った。立命館は10月の出雲駅伝で歴代最高に並ぶ6位。自信をつけ、シード権獲得を目指して11月の全日本大学駅伝に臨んだ。だが、肝心の今井は右脇腹のけいれんを訴え、本調子とはほど遠い走り。アンカーの8区(19.7km)で区間15位。順位を二つ落として12位でゴールした。今井はレース直後に「エース失格です。僕さえしっかりしてれば……。申し訳ないです」と言った。のちに取材すると「初めての失敗レースで、1週間は立ち直れなかったです」と明かしてくれた。失意の底から救ってくれたのは、仲間からの言葉だった。 

ちょうど、卒業論文の作成も佳境を迎える中、何とか学業と練習を両立した。1123日にあった八王子ロングディスタンスで10000mに出場し、283176の自己ベストをたたき出した。1998年に前田貴史(京産大)がつくった関西学生記録を21年ぶりに164更新した。全日本大学駅伝でのどん底から、しっかりはい上がった。「ラスト1年、とくに11月は密でした。走りの面でも、人間的にも成長できた4年間でした」と、笑顔で語った。 

昨年11月の記録会で10000mの自己ベストを出し、関西学生記録も塗り替えた(撮影・藤井みさ)

相澤晃は「意外と普通の人」

今年1月には旭化成の合宿に参加した。学生長距離界のエース相澤晃(東洋大4年、学法石川)と同部屋だった。「勝手にお高くとまった人っていうイメージを持ってたんですけど、意外と普通の人でした」と笑う。5日間をともにし、相澤から補強ポイントやトレーニング方法についてアドバイスをもらったそうだ。 

旭化成は元日の全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)では4連覇を達成したが、昨年9月のMGCに一人も送り込めず、マラソンの名門復活へ動き始めている。。今井自身もいずれはマラソンに挑戦してみたいと話す。「不安はあります。でも同時に実力がある選手が多いので、ワクワクしてます。強い選手たちと一緒に練習して、1年目からチームに貢献していきたいです」。初めて関西を離れ、今井の陸上人生をかけた挑戦が始まる。