大学アメフト

特集:関東大学アメフト新主将インタビュー2020

日大・伊東慧太「一戦必勝を続けて日本一に」 関東TOP8新主将インタビュー2

ディフェンスの最前線で暴れ、1年生の甲子園ボウルでも輝いた伊東(中央、すべて撮影・北川直樹)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、関東大学アメリカンフットボールリーグは春のオープン戦をすべて中止しました。4years.では1部TOP8に所属する8チームの新キャプテン宛てにメールで6項目の質問を送付し、回答してもらいました。第2弾は最短ででTOP8復帰を果たし、3年ぶりの甲子園ボウル出場を狙う日本大学のDL(ディフェンスライン)伊東慧太主将(4年、日大豊山)です。

質問1 理想のキャプテン像を教えて下さい。具体的な人がいるなら、その方の名前を挙げて、どんなところがすばらしいと思うのかについてもお願いします。

チームを勝ちに導けるキャプテンです。

質問2 2020年度のチームスローガン(テーマ)と、そこに込めた思いを教えて下さい。もしスローガンがない場合は、自分がキャプテンとなったチームをどんな集団にしていきたいか答えてください。

「一戦必勝」がテーマです。目の前の物事に対して真摯(しんし)に全力で取り組み、勝利する。一戦必勝し続ければ日本一になれる。

昨年のリーグ最終戦でTOP8復帰を決め、フェニックスの面々に笑顔があふれた(伊東は前列右端)

質問3 自分自身の過去3年を振り返って、どんな自己評価をしていますか?

過去3年間にいろいろなことを経験した。いい経験も悪い経験も、この4年目にすべて滲(にじ)み出てくると思う。過去の経験を生かすのも殺すのも自分次第だと思っています。

質問4 チームにとって、4年生とはどんな存在であるべきだと考えていますか?

表情、行動、言動がチームの雰囲気に多大な影響を与える存在。

3年間のさまざまな経験の上に、伊東たち4年生のラストイヤーがある

質問5 この秋、あなたがとくに期待する(期待できると思う)3年生以下の選手を一人挙げて、理由も教えて下さい。

3年生のDB(ディフェンスバック)小松泰登(日大豊山)です。フィジカルが大学生の中で頭一つ抜け出ていると思います。

質問6 最後に、秋のシーズンを心待ちにしているアメフトファンのみなさんへの言葉をお願いします。

みなさまの応援なしには、試合に勝つことは難しいと思います。今年のオフシーズンはとても長いものでした。その間に準備してきたことをすべて出し切ります。応援よろしくお願いいたします。フィールドで会いましょう。