話題

東海大 スピード重視で頂点をめざす

東海大 スピード重視で頂点をめざす
今年の出雲駅伝で3位に入賞した東海大学 (※第30回出雲駅伝にて撮影)

昨年の出雲駅伝で、10年ぶり4度目の優勝を果たした東海大学。今年の出雲駅伝では惜しくも連覇を逃してしまったが3位に入賞するなど、ここ数年、大学三大駅伝において常に上位の成績を残している。

安定した強さの秘訣は、2011年から東海大学を率いる名将・両角速監督による独自のトレーニングと、徹底したコンディション管理にあった。

広告・森永製菓両角監督
東海大学を率いて8年目の両角監督

将来を見据えたトレーニング

近年、東海大学が躍進を続けている要因を両角速監督はこう分析する。

「チームの強化というのは、育成と補強の二本柱であると考えています。補強面では、特に今の3年生を中心にいいスカウトができています。育成については、彼らの持ち味を生かしたスピード強化を中心に展開してきたことが成長につながったと思います」

多くの大学が正月を目標に据え、持久力アップを図るのに対して、東海大学では「スピード重視」を掲げている。それは選手の将来を見据えているからだ。持久力に比べてスピードは比較的短い時間で向上できる。大学時代にスピードをしっかり高めて、その後の長い競技人生の中で持久力をつければいいと考えている。

「大学の4年間で競技人生が終わるわけではありません。だから駅伝一辺倒の練習はしない。トラックを半分、駅伝を半分。スピード、パワー、持久力の調和を重視します。特にスピード強化を主にしているので、ウェートトレーニングの専門コーチもいます。筋肉がつきすぎると重くなってしまうため、軽い負荷でトレーニングする。駅伝は持久的要素が強い競技ですが、スピードがないと勝てません。若い頃に筋力をつけてスピードを上げてから持久力を高める練習を増していく。このステップを大事にしています」

広告・森永製菓練習風景
雨の中でも精力的に練習を行う選手たち

こうしたトレーニングの成果は着実に表れている。45.1kmと総距離が短く「スピード駅伝」と評される出雲駅伝の好成績のほか、今年6月に行われた日本選手権では実業団を相手に、1500mで館澤亨次が2連覇、3000m障害で阪口竜平が4位、三上嵩斗が5位に入った。さらに5000m13分台、10000m28分台の記録を持つ選手の数は、他の大学より突出している。昨年の優勝メンバー6人のうち4人を変えて臨んだ今年の出雲駅伝で3位に入賞したことからも、層の厚さがうかがえる。

両角監督も手応えを感じているようだ。駅伝シーズンへの抱負を聞くとこう答えた。

「相手あってのことなので具体的な順位は何とも言えませんが、この1年間、選手がやってきたことを出せるかどうかですね。非常にいいチームになってきているので、うまくかみ合えば上位にいける力はあります。そのためにもトレーニングの成果をしっかり発揮できる状況に導きたいと思います」

スピード重視のトレーニングで、着実に力をつけてきた東海大学。正月に向けて、持ち前のスピードを武器にどんなたすきリレーを見せてくれるか楽しみだ。

 

 「inゼリー」で効率的に栄養補給

 いくらいい練習をしていてもレース前に体調を壊せばもともこもない。好成績を残すには、いいコンディションを整えられるかが大きな要因となる。両角監督が東海大学に赴任して最初に行ったのは選手の生活管理だったという。

「コンディションを整えるには、まず規則正しい生活が大切です。陸上部の寮は夜10時に点呼をとって就寝。朝5時半に起床して6時からトレーニングが始まります。こうした生活を繰り返して、自分の中に生活リズムを築いていく。3度の食事とトレーニング後の栄養補強も重要です。糖質や炭水化物は必要なエネルギー源なので欠かせません。スピードに特化した練習しているので、特に糖質の摂取が大事になります」

徹底したコンディション管理を行う東海大学で栄養補給のために取り入れているのが森永製菓の「inゼリー」だ。

森永製菓inゼリーBOX
東海大学のコンディション管理に一役買うinゼリー

「ロングセラー商品なので至る所で販売されており、継続して摂取できるので安心です。持ち運びに便利ですし、ゼリーなので摂取しやすい。胃の負担も少なく、レースの5分前にとればエネルギー補給になりますし、練習で走っている時に飲むこともあります。また強度のトレーニング後には、リカバリーのために必ずタンパク質を多く含む『inゼリー プロテイン』を摂取させています。調理をせず、いつでも必要な栄養素がすぐにとれるのは本当に助かります」

広告・森永製菓中継地点
レース終了後、急ぎ栄養補給 (※第30回出雲駅伝にて撮影)

東海大学に入学する前から愛飲していたという選手も多く、商品に対するなじみも深く、信頼も高い。レース前やトレーニング後に不足した栄養素を効率的に摂取できる「inゼリー」は、選手のコンディションを整える上で欠かせない存在になっているようだ。

森永製菓館澤選手
森永製菓選手3人
練習の前に手軽にエネルギー補給する選手たち

inゼリー エネルギー

森永製菓商品写真エネルギー

エネルギー補給

・1日分以上のビタミンCを配合
※「栄養素等表示基準値」を目安にしています

・180kcalでおにぎりおよそ1個分

inゼリー プロテイン

広告森永製菓プロテイン

手軽にたんぱく質補給

・ホエイペプチド5,000mg配合

・クエン酸1,000mg配合

・ヨーグルト味

・90kcal

お問い合わせ先

森永製菓株式会社

この記事をシェア

Their Stories大学別・競技別に読む