ラグビー

ラグビー 同志社3敗、選手権の自力出場消えた

ハンドオフで相手ディフェンスをはねのけゲインするLO堀部(撮影・安本夏望)

ムロオ関西大学Aリーグ第3節

10月28日@宝が池球技場
関西学院大(3勝)40-33 同志社大(3敗)

同志社にとって開幕2連敗で迎えた関西学院大戦。もう負けられない試合だったが、後半の最終盤に追いつかれ、ロスタイムで勝ち越された。同志社は3敗となり、早くも自力での大学選手権出場の道は閉ざされた。

試合前にカレッジソングを歌う同志社(撮影・安本夏望)

同志社のキックオフで試合が始まると、関西学院の特徴であるテンポの早い攻撃で一気に攻められ、序盤から相手に流れをつかまれた。前半4分に関西学院にノット・リリース・ザ・ボールの反則があってピンチをしのぐが、その後のラインアウトで同志社がノックオン。再び相手ボールに。嫌なムードを断ち切ったのは、NO.8服部綾(りょう、3年、東福岡)だった。前半9分にラックから持ち出した服部が相手ディフェンスをはねのけ、先制トライを決めた。同20分にもペナルティキックから敵陣5mへ入ると、ラックからSO古城隼人(こじょう、3年、修猷館)が持ち出し、CTB永富晨太郎(しんたろう、4年、東福岡)へつなぐ。最後はWTB高野蓮(4年、東福岡)のトライ。コンバージョンゴールは外れたが、12-0と差を広げた。

喜びもつかの間、同23分に同志社のオブストラクションで自陣5mの相手ボールラインアウトとなると、そこから一気にモールで押され、関西学院LO杉原立樹(りき、3年、尾道)のトライ。その後はここぞの場面で同志社に反則が出る。関学がボールを持つと、速い展開に同志社のディフェンスは翻弄されていった。
同31分に同志社のノット・ロール・アウェイから自陣5m中央での相手ボールスクラム。同志社が反則を犯すと、関西学院がすぐに再開し、ボールを持ち出してNO.8野村祐太(4年、東海大仰星)がトライ。12-12でスコアを並べられた。前半終了間際に同志社がチャンスをつかむも、トライまでつなげられない。同点のまま後半に入った。

モールを組む同志社(奥)と関西学院(撮影・安本夏望)

後半開始早々、ゴール前まで一気に攻められる。自陣5mの相手ボールスクラムで、再び同志社が反則。またすぐに持ち出した関西学院がトライ。12-19と勝ち越された。同志社も負けてはいられない。後半18分、途中出場のFL/NO.8ファイアラガ望サムエル(2年、常翔学園)が22mまで攻め上がると、一つひとつパスをつないでいき、ロングパスで右に展開する。永富のオフロードパスが高野につながり、トライ。同点となった。その7分後にもHO平川隼也(としや、4年、長崎北陽台)のゲインからボールをつなぎ、22mライン付近の右サイドから高野が持っていった。同志社ファンが待ち望んだ勝ち越しのトライに、宝が池は一気に盛り上がった。

しかし、直後に関西学院が左に展開すると、同志社のディフェンスが追いつかない。オーバーラップの状況をつくられ、トライを許す。再び同点となったが、同32分に同志社が攻め込み、FL嶋﨑晴也(3年、摂津)が隙を突いて中央にトライ。33-26とした。

ラグビーは最後の最後までわからない。
同36分に同志社のオフサイドから自陣22m付近で相手ボールのラインアウトに。ゴールライン手前で何としても勝ちたい2校の2分強に及ぶ攻防が続いた。区切りをつけたのは関西学院だった。後半38分、同志社は相手FWに押し込まれ、関学PR小西吾門(あもん、3年、関西学院)にトライを決められた。キックも決まって同点だ。

後半38分のトライから追いつかれた同志社(撮影・安本夏望)

同点でロスタイム。同志社のキックオフがダイレクトで外に出る。相手ボールの中央スクラムから、トライされるまでは一瞬だった。関西学院のWTB中孝祐(3年、東海大仰星)に右サイドを抜けられた。試合終了の告げるホイッスルが、同志社の関係者にとっては虚しく響いた。

シーソーゲームの展開が続いたが、最後は関西学院に勝利の女神が微笑んだ。敗因の一つを同志社の主将であるCTB山口修平(4年、同志社香里)は「苦しい時にプレーの精度が下がってしまった」と、大事なところでのミスを悔やんだ。開幕3連敗と後がない同志社だが、まだ4試合残っている。ミスの多さや苦しい時にいかに我慢できるかなど課題はあるが、一つひとつ修正し、「下を向かず上を向いて」と山口の言うように、残りの試合も全力で勝利をつかみにいく。

この記事をシェア

Their Stories大学別・競技別に読む