大学陸上・駅伝

特集:体育会学生の就活術

「陸上以外でも花を咲かせたい」 東洋大学での充実した競技人生から化学メーカーへ

文系出身の川市さんは「専門的な知識が求められるので日々勉強です」と語る

体育会の活動で培った経験を生かし、社会に飛び出した先輩たち。どのような企業に入り、どのような業務を行っているのか。体育会OBの奮闘や活躍を紹介します。

太陽インキ製造株式会社
パッケージマテリアル部 パッケージ営業課
川市哲也さん

小中高と陸上を続け、東洋大では学生三大駅伝を目指しました。しかし3年生時にマラソンに転向し、学生三大駅伝は断念。それでも自分の中では目標をしっかり切り替えることができ、充実した競技人生を歩むことができました。

陸上選手から化学メーカーの社員に。つながりが見えにくい転身ですが、ソルダーレジストという素材において高いシェアを誇り、社員の責任感の高さやエネルギッシュな姿を感じられたことで、この会社で陸上以外でも花を咲かせたいという気持ちになり、入社しました。

東洋大時代の川市さん。福岡国際マラソンなどにも出場した。

化学メーカーだけに、技術職だけでなく営業職でも専門的な知識が求められます。ただ、周りにはたくさんの専門職の人間がいるので、学ぶことができますし、自分自身の幅が広がっていくことを実感できます。会社としても「自律型人材の育成」を掲げており、自分の可能性を広げたいという方にはとても良い職場です。

会議室や食堂など趣向を凝らした空間の中で働く日々は刺激的で、社外活動も楽しめます。私もマラソン同好会の一員として、楽しく競技を継続しています。

現在も会社のマラソン同好会で陸上を楽しんでいる
太陽ホールディングス株式会社

ソルダーレジストのリーディングカンパニー

あらゆるエレクトロニクス製品に利用されるプリント配線板(PWB)に欠かせないソルダーレジストで世界シェアトップクラスを誇っています。

エレクトロニクス事業を担う太陽インキ製造の他、エネルギー、食糧、医療・医薬品事業をグループで展開する総合化学メーカーです。

企業情報はこちらから

外部サイトに移動します