大学野球

慶大、優勝をかけた大一番で明大に連敗し、自力優勝消滅

悔しい結果となった明大戦だが、最後まで前を向いて戦いたい

東京六大学春季リーグ 第6週

5月18、19日@神宮球場
1回戦 慶大2-5明大
2回戦 慶大2-4明大

明大エース森下を崩せず

優勝をかけた大一番。慶大は明大との一戦を迎えた。1回戦、1回から2連打を浴びると4番北本一樹(4年、二松学舎大付)の二塁打で2点を失う。一方打線は明大のエース森下暢仁(4年、大分商)相手に苦戦を強いられた。4回、6回と得点圏まで走者を進めるが、得点にはつながらず。先発の髙橋佑樹(4年、川越東)が粘りの投球を続けたが、7回に2点を失った。

しかしその裏、先頭の嶋田翔(3年、樹徳)が二塁打を放つと、2死三塁で打席に立ったのは期待のルーキー下山悠介(1年、慶應)。レフトへの二塁打で1点を返した。これが下山のリーグ戦初打点となった。さらに8回、4番郡司裕也(4年、仙台育英)に今シーズン初本塁打が飛び出し、1点を加える。9回は田中凌馬(4年、長崎東)がフルカウントから9球粘って四球を選び、代打の水久保佳幸(3年、慶應)はリーグ初安打。無死一、二塁としたが後続が断たれ、2対5で初戦を落とした。

重かった満塁ホームラン

あとがない2回戦。慶大の先発マウンドには佐藤宏樹(3年、大館鳳鳴)が上がった。1回を三者凡退で抑えたが、2回に重い先制点を献上する。2死一、三塁から四球を与え、満塁。ここで9番竹田祐(2年、履正社)が放った打球がレフトスタンドまで届いた。まさかの満塁ホームラン。序盤から4点のビハインドを背負った。

明大との2回戦、佐藤は2回に満塁弾を許す

その後は津留﨑大成(4年、慶應)、増居翔太(1年、彦根東)、木澤尚文(3年、慶應)、髙橋亮吾(4年、慶應湘南藤沢)の継投で、1安打も許さなかった。投手陣の踏ん張りに応えたい打線は4回、先頭の渡部遼人(2年、桐光学園)がセンターオーバーの三塁打でチャンスをつくると、中村健人(4年、中京大中京)がタイムリー。1点を返した。左前安打と暴投でなおも1死二、三塁のチャンス。しかし後続が倒れた。

6回には今カード好調の郡司が二塁打を放つと、代打の福井章吾(2年、大阪桐蔭)が適時二塁打で期待に応えた。7番小原和樹(4年、盛岡三)も中前安打で続くが、福井がホームでタッチアウト。なかなかチャンスを生かしきれない。7回以降は走者を出しても、あと1本が出なかった。悔しい連敗となった。

今シーズンは逆転勝利の多い慶大ではあったが、あと一歩及ばず連敗で勝ち点を落とした。自力優勝の可能性は消滅したが、まだ早慶戦が残っている。この悔しさを糧に練習を重ね、伝統の一戦では最高のプレーを見せてくれるだろう。今シーズンこそ、宿敵ワセダに勝ってリーグ戦を笑顔で終えたい。

この記事をシェア

Their Stories大学別・競技別に読む