フィギュアスケート

特集:駆け抜けた4years. 2020

熱すぎる18年間のフィギュア人生、幸せすぎるフィナーレ 明治大5年・鎌田英嗣

駆け抜けた4years. 2020
特集一覧を見る
引退エキシビションで感謝の滑りを披露した鎌田英嗣(すべて撮影・浅野有美)

大学生アスリートの多くは、卒業と同時に競技生活にも別れを告げる。その瞬間は、誰にとっても特別なものだ。明治大スケート部フィギュア部門の鎌田英嗣(ひでつぐ、獨協)は幸せ者だ。このほど、彼の頑張りを見てきた人たちによって、引退エキシビション「HIDES ON ICE(ヒデッツ・オン・アイス)」が開催された。 

引退エキシビジョンに350人が集まった

2020220日は鎌田の一生の記念日になった。5歳から通い続けたシチズンプラザ(東京都新宿区)のリンクが引退エキシビションの舞台だった。 

高校3年生で日本スケート連盟の強化選手に選ばれ、ジュニアグランプリ(GP)シリーズを経験、第一線での活躍に期待が集まった。だが、大学時代はけがに悩まされ、シニアでは思うような成績が残せずにいた。それでも「また強化選手に戻りたい」と、5年目も大学に残った。 

5歳から通い続けてきたシチズンプラザは211月の閉館が決まっている。鎌田はそれを今年の1月末、国体に参加していた青森で知った。その国体では現役最後となる演技で、試合では初めてトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功。ドラマのような結末だった。 

慣れ親しんだリンクの閉鎖もあり、引退エキシビションはより特別なものになった。鎌田は本番に向けて練習を積んだ。 

【動画】明治大フィギュア5年生・鎌田英嗣 感謝を込めた引退エキシビション
予想の100人を大きく上回る350人が来場した

エキシビションは有志によって企画され、施設のスタッフや利用者、スケート教室の生徒らが協力した。当日、訪れた観客は約350人。予定していた100人を大幅に上回った。出演者も合わせて約400人が会場を盛り上げた。 

「僕は本当に幸せ者でした」

鎌田とともにこのリンクで滑ってきた森望(かなた、明大OB)、梶田健登(同)、菅原生成(きなり、東洋大3年)らが共演した。幼いころから鎌田の指導に当たってきた川越正大コーチも見守った。 

再演してほしいプログラムに、ファンのみなさんが投票した

鎌田は「コンドルは飛んでいく」や「TiAmero」など過去のプログラムのステップメドレーを披露。スケーターによるトークショーのほか、ファン投票によるプログラムの再演もあり、鎌田は最も人気のあった「禿山の一夜」を滑った。最後には思い入れのある「月光」を舞った。約2時間半のショーは、常にあたたかい拍手に包まれていた。 

鎌田は最後、18年間の競技人生を振り返りながら挨拶(あいさつ)した。川越コーチに優しく厳しく育てられたこと。高3でジュニアGPシリーズに派遣が決まり、競い合ってきた梶田と一緒に泣きそうになるほど喜んだこと。大学に入り、周囲の期待の大きさに苦しんだこと。骨折してリンクに来られない日が続いたこと。アイスダンスに転向して頑張る森の姿に励まされたこと……。

万感の思いを込めて「月光」を滑り終えた鎌田
 
涙を流しながら感謝のメッセージを読み上げた

「まだ80年ほど生きなきゃいけないのに、気持ちの上では定年退職したかのような気分になってます」と語った。そして涙を流しながら「素晴らしい友だちと先輩に巡り会い、素晴らしい先生方に出会い、僕は本当に幸せ者でした」と締めくくった。 

フィギュアの花道、20日に引退エキシビション 明治大5年・鎌田英嗣(上)

「更衣室のドン」と呼ばれて

エキシビションを終え、仲間たちと集まった鎌田は「びっくりするぐらい楽しかった」と語った。

苦労した大学時代だったが、20191月、4年生で出場したインカレが印象に残っているという。鎌田が入学した当時、明治は全国レベルの選手がそろい、「黄金世代」と呼ばれていた。だがインカレで優勝できずにいた。 

その年は世界選手権代表の友野一希(同志社大)や強化指定選手の中村優(しゅう、関西大)らがエントリーする中、明治は鎌田と佐上凌(りょう)、中野耀司(ようじ)という布陣で臨み、学校対抗で優勝した。 

「大学はチームの争いもあって、自分だけ勝てればいいやという気持ちはなくなった。チームでお互い高め合わないといけなかった」

「更衣室のドン」と言われるほど、いつもこのリンクで練習していた。菅原は鎌田について「スケートに熱すぎて熱すぎて、朝の練習のスケーティングでも人にぶつかるくらいの熱量だった」と振り返る。 

森も「中学時代、スケートを後回しにするような発言をすると『なんのためにここに来てるんだ』って怒られて、パパ? と思った」というほほえましいエピソードを披露した。 

ともにジュニアGPシリーズを経験した梶田は「誤解を恐れずに言えば、ヒデは誰よりも不器用で才能がなくて。でもヒデはへこたれないで、なんとか追いつけ追い越せと人一倍努力してました」と言った。そして「トリプルアクセルを跳ぶ」という夢を引退試合でかなえた鎌田を「最後、自分に打ち勝って勝者になったと思う」とたたえた。 

集まってくれた人たち挨拶する鎌田(左から4人目)と、共演したスケーター仲間たち

先輩のエールに大粒の涙

鎌田が日本代表を目指すきっかけとなった板井郁也(東洋大)は鎌田の練習動画を撮影し、サポートしてきた。エキシビションで共演した板井は「僕は納得できないまま引退して、その後にヒデと関わることになった。(苦労してきた)ヒデに僕自身を重ねたこともある」と伝えた。そして「決して楽なスケート生活じゃなかったと思う。第二の人生を楽しんでほしい」とエールを送ると、鎌田の目から涙があふれた。 

「自分だけの力ではなくて、たくさんの人に支えられ、励ましてもらいながらやってきました。それがなかったら頑張れなかった。ありがとうございました」 

鎌田は春から社会人になる。しばらくはリンクから離れるが、スケート界に貢献したいという思いは強い。スケートに情熱を注ぎ続けた男は、まずは次のステップに向かう。

アプリ限定コンテンツ

エキシビションの当日の写真や練習のオフショットをアップしています。また、「ヒデッツ・オン・アイス」を記念した鎌田英嗣選手の色紙を抽選で1名の方にプレゼントします。詳しくはアプリ(無料)をダウンロードしていただき、応募ください。

アプリをダウンロード済みの方はこちら
アプリをダウンロードされていない方はこちら
明治大卒業ととにも引退した鎌田英嗣

in Additionあわせて読みたい