野球

関学またも勝ち点奪えず、自力V消滅も前を向く

1回戦で先発した関学エースの黒原

関西学生春季リーグ 第2週

4月13、14日@滋賀・皇子山球場
1回戦 関学 1-5 近大、2回戦 関学 2-4 近大

関西学生リーグの第2週、関西学院大学は近大と対戦した。1回戦の先発マウンドに立ったのはエースの黒原拓未(2年、智辯和歌山)。黒原は1、2回をゼロに抑えたが、3回表に3連打を浴びて2失点、5回表にも1点を失って降板。後を継いだ小田竜輝(4年、熊本第一)も粘れず、7回表に3安打を許し2点を失った。打線は4回まで無得点が続き、5回に代打の瀧本和幸(3年、三重)がソロ本塁打を放ったが、その後は沈黙。1-5で敗れた。

好調の野口が同点ホームラン

2回戦の関学は、試合序盤に打線がつながった。1回表、先頭打者の蔵本披慧(4年、小倉)、2番を打つ中内理貴(4年、今治西)が立て続けに出塁した流れから1点を先制。1-2で迎えた2回表には、好調の野口春樹(3年、智辯和歌山)が同点ホームラン。しかしその後は沈黙し、追加点を奪えなかった。

先発を託された原暁(3年、出雲)は1回に2ランを浴びたが、その後は6回まで三者凡退に抑える好投。しかし7回に再び2ランを打たれて降板。後を継いだ松田翔真(4年、静岡)は8回をゼロに抑えたが、関学は2-4で敗戦。第1週の立命館戦に続いて勝ち点を奪えず、自力優勝の可能性が消えた。

近大に2連敗した関学は、自力優勝の可能性が消えた

キャプテンの中内は言う。「完敗です。立命戦の重い雰囲気を引きずったまま、切り替えられてませんでした」。もちろん、このまま引き下がるつもりはない。自力優勝が叶わなくとも、関学は残りの試合に全力をつくす。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む