野球

連覇を狙う新生法大、危なげなく勝ち点奪取

第1試合で先発し、7回無失点の三浦

東京六大学春季リーグ 第1週

4月13、14日@神宮球場
第1試合 法政大 7-0 東大
第2試合 法政大 18-5 東大

球春到来だ。新生法大は連覇に向けた大事な一歩目となる、東大との最初のカードに臨んだ。

期待に応えた投打の軸

第1戦の先発マウンドを任されたのは三浦銀二(2年、福岡大大濠)。昨年、大車輪の活躍を見せた若きエースは、立ち上がりから安定していた。新たに覚えたフォークを織り交ぜ、東大打線につけいる隙を与えない。7回を投げて被安打1で無失点と、ほぼ完璧だった。そして、打線が好投に応える。4回までに6点を挙げた。主将の福田光輝(4年、大阪桐蔭)は3安打。危なげない戦いで1戦目を制した。

第2戦は立ち上がりに失敗

第2戦の先発を任されたのは高田孝一(3年、平塚学園)。昨年は1年を通して先発を担い、優勝に貢献したが、この日は立ち上がりが悪かった。1回に先制を許し、その後も立て続けに安打を許す。もう失点はしなかったが、3回を投げ終えて降板した。その後を任された内沢航大(4年、八戸工大一)、柏野智也(3年、広陵)、朝山広憲(4年、作新学院)も、守備の乱れもあって失点し、トータル5失点。守りの面で課題が見えた。

第2戦で豪快な3ランを放った福田

打線は爆発した。2回に宇草孔基(4年、常総学院)が逆転の2ランを放ち、伊藤寛士(4年、中京大中京)がソロ。4回には福田が3ラン、5回には伊藤にこの日2本目となる2ランが飛び出した。17安打で18得点。代打の清水俊作(4年、佼成学園)と途中出場の西山翔真(4年、市立和歌山)も安打を放ち、層の厚さを示した。18-5と大勝で、開幕カードの勝ち点奪取に成功した。

次の相手は慶大。昨シーズン、唯一勝ち点を逃した相手だ。金光興二監督代行が語った通り、連覇に向けた「前半の山場」になる。次週は空き週となるため、2週間の調整期間がある法大。この2連戦で出た課題をしっかりと克服し、選手が本来の力を出せれば、勝ち点獲得に大きく近づくはずだ。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む