野球

浮上狙う中大、希望も見えた連敗スタート

188cmの長身から投げ下ろす直球が持ち味の高橋。公式戦初登板を果たした

東都大学リーグ1部 第1週

4月9、11日@神宮球場
1回戦 中央大 2-5 東洋大、2回戦 中央大 5-6 東洋大

中大野球部は昨年、春秋とも1部の最下位に終わった。今年度のチームにはその悔しさを知る選手が多く残っている。初戦の相手は東洋大。降雨ノーゲームで再試合となった4月9日の1回戦では先制しながら、3回に四球が絡んで2失点、5回に3失点して逆転負け。続く2回戦も2回までに計5点を奪いながら、3回に4失点。終盤に追いつかれ、勝ち越されて負けた。「逆襲~勝利への渇望~」というスローガンを掲げてリーグ戦に臨んだが、悔しい連敗スタートとなった。

2年生の高橋と植田、ルーキーの森下がリーグ戦デビュー

東洋大との2試合では、リーグ戦初出場の選手が多かった。1回戦に先発したのは公式戦初登板の高橋晴(2年、関東一)。昨年はけがに苦しんだが、清水達也監督から「春のオープン戦の調子がよかった」と評価されて抜擢された。188cmの長身から繰り出される直球の威力が魅力ではあるが、3回に連続四球でピンチを招き、2失点して降板。ほろ苦いデビューとなったが、伸びしろはある。捕手の古賀悠斗(2年、福岡大大濠)も「どれくらい伸びるか楽しみ」と期待を込めた。

同じく1回戦で公式戦初登板となったのが植田健人(2年、興国)。4点を追う6回途中から登板すると、東洋大の強力打線相手に4回を投げ被安打2で無失点の好投。初登板とは思えない落ち着きぶりで、存在感を高めた。

リリーフで好投した植田

野手ではルーキーながら開幕スタメンに名を連ねた森下翔太(東海大相模)が輝きを放った。2試合で7打数3安打1打点。ライトの守備では、2回戦の3回にダイビングキャッチを決め、チームを救った。「頼れる先輩がいるので、1年生らしくガンガンいくだけ」と森下。三拍子そろった世代屈指のスラッガーが、戦国東都を席巻する日も近いはずだ。

大学での公式戦初打席でタイムリーヒットを放ち、喜ぶ森下

覚悟十分のキャプテン大工原

今シーズン、キャプテンとしてチームをまとめるのが大工原壱成(4年、桐光学園)だ。「主将として自分の考えや行動を残していきたい。個人としてはベストナインをとりたい」。積極的に声を出し、味方を鼓舞する姿が印象的だ。攻撃的な2番打者として、すでに4安打を記録。チームの上位進出と2年生の春以来となるベストナイン獲得へ、背番号1の覚悟は十分だ。

主将の大工原は、1回戦で二塁打を放った

リーグ戦連敗スタートに清水達也監督は「去年もそうだけど、一つ勝つことは難しい。とくに最初の1勝はね。一つ勝てれば不安もなくなって、少しは楽になるかなと思うんだけど。次は勝てるように頑張ります」と前を向く。右の速球派である皆川喬涼(2年、前橋育英)は2回戦で自己最速の149kmをマーク。「またしっかり練習して、次頑張ります」とリベンジを誓った。

中大のグラウンドには、今年のチームスローガンが掲げられている

リーグ戦は始まったばかり。開幕前のオープン戦では投打がかみ合い、社会人チームにも勝った中大。真の「逆襲」に向けて、新生中大野球部の本領発揮といきたいところだ。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む