野球

明大が春のリーグ制覇に王手 慶大から5シーズンぶりに勝ち点

森下が正念場でエースらしさを見せた

東京六大学春季リーグ 第6週

5月18、19日@神宮球場
1回戦 明大5-2慶大
2回戦 明大4-2慶大

春の戦いもいよいよ終盤。明大は勝ち点3で並ぶ慶大との首位攻防戦に臨んだ。

エース森下が熱投

1回戦の明大は1回、1、2番の連打でチャンスを作った。1死二、三塁で打席に立ったのは開幕から4番に座る北本一樹(4年、二松学舎大付)。「初球を狙ってました」。鋭い打球が三塁線を破り、幸先よく2点を先制した。先発マウンドを託されたのは主将でエースの森下暢仁(4年、大分商)。「絶対に勝たないといけない」。そう意気込んで臨んだ試合で、今秋のドラフト上位候補の評判に恥じぬ圧巻の投球。6回までゼロを並べた。

明大は7回にも2点を追加。試合の主導権を握ったかに思われた。しかしその裏、慶大の下山悠介(1年、慶應)のタイムリーヒットで1点を返されると、8回にも郡司裕也(4年、仙台育英)に特大アーチを叩き込まれ、2点差に詰められた。昨春、明大は慶大に2度のサヨナラ負けを喫して優勝を逃している。1年前の悪夢がよみがえりつつある状況に、嫌な空気が流れ始めた。しかし、ここで森下が踏ん張った。「何が何でも抑えようと思った」。その言葉通り、9回はゼロで乗りきって先勝。森下は141球、9奪三振の熱投だった。

竹田が投打に大活躍

2回戦はピッチャー竹田祐(2年、履正社)の独擅場だった。2回、明大は連打から2死満塁のチャンスをつくると、打席に竹田。「とにかく来た球を振ろう」。無心で放った打球は高く舞い上がり、レフトスタンドへ。本人も想定外の満塁弾で、明大が4点を先制した。この日の竹田は投球もさえ、5回1失点。6回からは伊勢大夢(4年、九州学院)が登板。6安打を浴びたが、1失点にとどめた。ヒット数は慶大の10に対して明大はわずか3だったが、唯一の好機を逃さなかった勝負強さで、慶大から5シーズンぶりの勝ち点をつかんだ。

2回戦で満塁アーチを放った竹田

次のカードは法大戦。明大が1勝でもすれば、40度目の優勝が決まる。法大は昨春、昨秋ともに勝ち点を落とした相手。しかし、8連勝中の明大には勢いがある。最終カードも勝利をつかみ取り、スローガンの「猪突猛進」を完遂する。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む