野球

昨秋の王者法大 2カード連続で勝ち点を奪えず、連覇は絶望的に

2カード連続で勝ち点は落とせず、強い気持ちで立大戦に挑んだ法大だったが……

東京六大学春季リーグ 第4週

5月4、5日@神宮球場
1回戦 法大2-3立大
2回戦 法大5-9立大

前カードでは接戦をものにできず勝ち点を落とした法大。捲土重来を期して、第4週は立大に挑んだ。

リリーフ陣の奮闘に打線が応えられず

1回戦は左の鈴木昭汰(3年、常総学院)が先発マウンドに。第3週の慶大戦では粘りのピッチングを見せていた鈴木だったが、1回からつかまり、2回3失点で降板。その後はリリーフ陣が踏ん張り、スコアボードに「0」を並べた。一方で打線はつながりを欠いた。2本のソロ本塁打のみに終わり、大事な初戦を落とした。

安本の5試合連続の一発も空砲に

2回戦の先発は三浦銀二(2年、福岡大大濠)に託された。立ち上がりから崩れた。1回に2ラン、4回には連打を浴び、計5失点。この回限りで降板した。打線はセーフティバントやバスターエンドランを絡めて3点を返した。5回には安本竜二(4年、静岡)が2ランを放ち、同点に追いついた。この一発で安本はリーグタイ記録となる5試合連続本塁打。大記録に沸いた法大サイドだったが、その勢いには乗りきれなかった。9回に立大に突き放され、勝ち点を落とした。

安本は2回戦でリーグタイ記録となる5試合連続本塁打を放ったが、勝ちにはつながらなかった

痛恨の2連敗を喫し、2カード連続で勝ち点を逃した。秋春連覇はほぼ絶望的だ。金光興二監督代行は言う。「負けをしっかりと受け止めて、次につなげていくことが大事だと思います」。リーグ戦はまだ続く。最後まで『結束』の野球を貫き、法大の意地を見せてほしい。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む