大学アメフト

特集:関西学生アメフト新主将インタビュー2020

桃山学院大・小西憂「秋に大番狂わせを起こします」 関西1部新主将インタビュー1

昨秋の2部のリーグ戦で、相手のパスを遮ろうとジャンプしてハンズアップする小西(すべて撮影・廣田光昭)

新型コロナウイルス感染拡大の防止のため、関西学生アメリカンフットボールリーグは春のオープン戦をすべて中止しました。4years.では練習自粛の続く1部校8チームの新キャプテン宛てにメールで6項目の質問を送付し、返信してもらいました。まず紹介するのは昨年12月の入れ替え戦で2部から1部へ復帰した桃山学院大学のLB(ラインバッカー)小西憂(ゆう)主将(4年、大阪学芸)です。

質問1 理想のキャプテン像を教えて下さい。具体的な人がいるなら、その方の名前を挙げて、どんなところがすばらしいと思うのかについてもお願いします。

どんな状況でも、チームを鼓舞するプレーでチームを引っ張る存在です。

質問2 2020年度のチームスローガン(テーマ)と、そこに込めた思いを教えて下さい。もしスローガンがない場合は、自分がキャプテンとなったチームをどんな集団にしていきたいか答えてください。

チームスローガンは 「for the win.」です。この一年間、何ごとにも勝つために取り組むという意思を込めて決めました。

2回生のときにはUー19世界選手権の日本代表としてメキシコへ遠征した(中央の右端が小西)

質問3 自分自身の過去3年を振り返って、どんな自己評価をしていますか?

私は1回生から試合に出ており、チームの主力として取り組んできました。1回生のときの1部リーグの試合では何もできず、通用しないことで、すごく悔しい思いをしました。結果は全敗で2部降格になり、その一年間の悔しい思いというのはずっと消えていません。昨年、1部に上がってきましたが、いままで自分の納得いくような試合はできていません。1回生のときの悔しさを晴らします。

質問4 チームにとって、4回生とはどんな存在であるべきだと考えていますか?

4回生とは部員たちの目標であるべきだと思っています。どんな人でも先輩の背中を見て学び、成長すると思います。人としても選手としても後輩たちの目標であり、目指される存在にならないと、と思います。

質問5 この秋、あなたがとくに期待する(期待できると思う)3回生以下の選手を一人挙げて、理由も教えて下さい。

OL(オフェンスライン)の徳田慶次郎(3年、堺西)です。3回生は人数も多く、フットボール経験者も多いです。徳田は未経験で入ってきましたが、1回生から試合に出ていて、未経験とは思えない体格をしていて、すごい努力家です。また彼は3回生で副将を務めています。チームの中心選手です。徳田をはじめ、秋シーズンのOL陣全体に期待しています。

この秋も小西(中央の47番)のハードタックルが見たい

質問6 最後に、秋のシーズンを心待ちにしているアメフトファンのみなさんへの言葉をお願いします。

いまのコロナで落ち込んでいる雰囲気を吹っ飛ばすぐらい、秋シーズンは盛り上げます! いまは1部リーグ下位のチームですが、大番狂わせを起こします。秋シーズンの試合を楽しみにしていてください!!