バレー

特集:いざ、東京オリンピック・パラリンピック

2連勝のバレー日本男子 石川祐希が振り返るカナダ戦二つのプレー

ネーションズリーグで、レシーブする高橋藍(右)と石川祐希(国際バレーボール連盟提供)

 バレーボールの日本男子が1次リーグで2連勝と好スタートを切った。初戦は格下のベネズエラをストレートで下し、2戦目はカナダに競り勝った。主将でエースの石川祐希(25)がチームを象徴する二つのプレーを振り返った。

見て学ぶことに長けたスポーツ万能少年がバレーと出会った 石川祐希1

 26日夜のカナダ戦。日本は1セットを奪われた後、2セットを連取。第4セットを23―19とリードした。

 味方のレシーブが乱れ、球はコートの外へ。チーム最年少、19歳のアタッカー高橋藍が相手側まで追って拾う。球はアタックライン付近にふらふらと上がった。石川は走り込んで、鋭いスパイクを打ち込んだ。相手ブロックはそのスピードに追いつけない。カナダの選手はネットにもたれかかってうなだれた。

 石川は「打てるように準備していた。高橋が上げてくれたので」とさらり。守備力の高い高橋のつなぎと、石川の準備が光った。

 24―20で迎えた最後は、石川と、21歳の西田有志のコンビプレー。再びアタックライン付近に上がった球に対し、石川は跳び上がって打つと見せかけて、トスを上げた。「フェイクセット」と呼ばれるプレーで相手ブロックをだまし、西田がノーマークでスパイクを決めた。「この体勢では打てないと西田に託した」と石川。石川の判断力と、西田の復活を印象づけた。

 カナダ戦でチーム最多の23得点を挙げた西田は5月に足首、6月に太ももを痛めていた。中垣内祐一監督は、「一昨日の練習から彼らしいプレーができるようになって、カナダ戦で爆発できた。『西田、お帰り』という感じ」。

 日本は前回出場した2008年北京五輪で1次リーグ全敗だった。開催国枠で出場の今大会は、1992年バルセロナ五輪以来の白星を挙げ、6月のネーションズリーグでストレート負けしたカナダに逆転勝ちした。

 石川にとっては初の五輪。「オリンピックは特別な舞台。他のチームの気迫、気合を感じる。試合ができることがすごく幸せ。コートに立てるのは限られたメンバー。責任を持って戦いたい」

 2連勝で次は28日、イタリア戦を迎える。「2戦、いいパフォーマンスを出している。残り3戦さらにいい準備をしていきたい」

 6チームで争う1次リーグの上位4チームが準々決勝に進む。

(木村健一)

=朝日新聞デジタル2021年07月27日掲載

in Additionあわせて読みたい