大学バレー

連載: プロが語る4years.

世界で戦ういま思う「大学は無我夢中でチャレンジできる最後の期間」 石川祐希4完

プロとして戦ういまは自身の活躍、成績だけが次につながる要素だ(すべて撮影・平野敬久)

連載「プロが語る4years.」から、日本代表のエースで現在、イタリア・セリエAのパドヴァで活躍しているプロバレーボール選手の石川祐希(24)です。4回の連載の最終回はプロとして戦ういま、大学時代を振り返って思うことです。この対面取材は昨年12月に実施したものです。

「未来」のためにイタリアへ、学生最後の試合で流れた涙 石川祐希3
中高一貫校を飛び出し、「春高」のスターに プロバレーボーラー柳田将洋1

生活の中心には常にバレーがある

大学に入学する前、石川は「卒業したらVリーグに進み、できる限り長くバレーボールができればいい」と考えていた。しかし卒業後に選んだのは、プロのバレー選手となり、イタリア・セリエAのシエナとの契約だった。

セリエA1、A2とカテゴリーが分かれる中、シエナはその前年にセリエA2からA1に昇格。A1残留に向け、積極的に選手を補強している最中だった。日本代表のエースとして活躍する石川だけでなく、イラン代表で主将を務めるセッターのサイード・マルーフなど、経験豊富なメンバーが在籍。勝敗だけを結果とするならば、なかなか勝利が得られず下位に沈んだが、石川はシーズン全試合にスターティングメンバーとして出場し、攻守において高いパフォーマンスを発揮した。

大学時代は中大、日本代表、イタリアと三足の草鞋(わらじ)を履くハードスケジュール。試合で最高のパフォーマンスを発揮するというよりも、まず試合に臨めるコンディションをつくることが優先される時期も少なくなかった。だが、プロ選手として歩み出した以上、自身の活躍、成績だけが次につながる要素。「常にバレーボールのことを考えている」の言葉通り、日々の練習に加えてトレーニングや栄養、休息にも気を配っている。アスリートとして最大限の力を発揮するための努力を重ね、クラブシーズンだけでなく、昨秋日本で開催されたワールドカップでも代表は4位と躍進を遂げた。

アウトサイドヒッターとしてサーブレシーブの中心になり、攻撃でもチームの勝利に貢献する。数字に残るプレーではないが、セッターが1本目のレシーブをした後の2本目のトスや、西田有志(ジェイテクトSTINGS)など他のスパイカーが攻撃する際のブロックフォローもキラリと光る。バレーに欠かせないつなぎのプレーでも、ワールドカップで石川の貢献度は群を抜いていた。

世界のトッププレーヤーを思い描き、常に前へ

今シーズンは中堅クラブのパドヴァへ移籍し、ワールドカップ直後に合流してから昨シーズン同様攻守の要として活躍。ワールドカップの躍進が取り沙汰される中でも、石川は「メダル獲得を目標に掲げてきたので、それが達成できなくて悔しい」とコメント。日本代表のエースとしてではなく、一人のプロバレー選手として求めるのはもっと高い場所であり、まだまだ満足には程遠い。

世界と戦える体をつくる。その意識は普段の生活の中にも常にある

「僕は代表が強くなるために海外へ行くという以前に、トッププレーヤーになりたいという思いを持って海外に来ました。もちろんその先には日本代表もあって、代表が世界で勝つ、強くなるのは、僕にとっても日本バレーボール界にとっても大きなこと。クラブチーム自体も昨年より強いチームからオファーをいただきましたし、試合の中で頼られることも増え、少しずつ成長できている実感はあります。でもこの先さらにレベルアップしたいと考えれば、もう一段階上がっていかないといけない。どんなときでも覚悟をもって、常に前へ進む気持ちは持ち続けたいですし、これから先、もっともっとステップアップできるように強くなりたいです」

大学1年生のときに初めて世界に触れ、当時あこがれだった場所に立って戦い、「さらに強く」と誓う日々。世界のトッププレーヤーを目指す石川の線上には、東京オリンピックもある。世代を、そして日本を代表するエース石川に寄せられる期待も大きい。

「僕のキャリアにおいて、オリンピックはゴールではありませんが、東京オリンピックは間違いなく特別な舞台。自分自身の目標に近づくためにも、オリンピックで結果を出したいです」

未来を切り拓くチャンスは“いま”かもしれない

大学在学中からイタリアへ渡る、いわばスペシャルな人生。多くの学生アスリートから見たら「自分とは違う」人生に見えるかもしれない。だが、石川だけが特別なわけではない。石川の人生を動かしたように、未来を切り拓くかもしれないチャンスは必ずある。それは“いま”かもしれない。

大学時代に挑戦したからこそ、いまの石川祐希がある

「僕がモデナからオファーをいただいたとき、最初はただ『やってみたい』という興味だけで、後先は何も考えてませんでした。とにかくいま、このチャンスを無駄にしないようにって。大学時代は高校生までと違って授業も自分で選べるし、生活をコントロールしやすいと思うので、その時間をうまく使っていろんな挑戦をしてほしい。僕がそうだったように、大学時代は無我夢中でチャレンジできる最後の期間。それが自分の将来に大きな意味や価値をもたらす経験になると思うので、『やりたい』と思ったことはなんでも、そのチャンスを逃さずに挑戦してほしいです」

誰も歩いていない、まっさらな道を切り拓く。石川祐希が歩む「世界」はこれからもきっと、広がり続ける。大学時代に踏み出したあの一歩から、すべては始まっている。

新天地で開花した世代No.1ガード 滋賀レイクスターズ齋藤拓実1

in Additionあわせて読みたい

Seriesこの連載をもっと読む

この連載の記事一覧へ

プロが語る4years.