ラクロス

特集:第10回ラクロス全日本大学選手権

「攻」の早稲田にぬかりなし

主将の後藤は準決勝の名古屋大戦で4得点

全日本大学選手権 男子決勝

11月25日@駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
早稲田大 vs 京都大

早稲田大・チームインフォ

11月25日11時30分 早稲田大 vs 京都大の激戦はLIVE中継で!

早稲田にとって全国の舞台は5年ぶりだ。2014~17年までいずれも関東リーグを1位で突破しながらも、トーナメントを勝ち抜けなかった。そして今年もリーグを1位で通過、その後も接戦を制して関東制覇。いまのメンバーにとって初めての全国舞台を戦っている。

今年の早稲田のチームスローガンは「攻」。関東では1試合の平均得点が10.7。主将のMF後藤功輝(4年、早稲田実)や、U22日本代表にも名を連ねるAT菊池智貴(4年、早大学院)、関東リーグでMVPに輝いたAT尾花一輝(4年、早稲田実)などオフェンスにタレントが揃う。攻めの守りも光る。準決勝の名古屋大戦での失点も、AT尾花はそこまで気にしなかったという。なぜなら「前半は自分たちの攻めるラクロスができてたし、失点も積極的な守備があっての失点」だったから。積極的に相手オフェンスのボールを落としにいくディフェンスは、決勝でも注目だ。

どこまでも気は緩めない


準決勝の名大戦は16-3で勝った。スコアだけ見ると圧勝だが、後藤は後半とくに4Q(クオーター)の出来を反省する。「パスをまわしても決めきれなかったり、ボールを落としにいこうとしてファールを取られたり。点差がついて気持ちに余裕が出たことで、甘さも出てしまいました」。どこまでも気を緩めない。なぜなら早稲田が目指すところは学生日本一の先に見える、全日本選手権制覇だからだ。そのためには、後藤はチームメイトに激をとばし、少しでも甘いところは短い期間でもとことん直させる。「関東ファイナルが終わってからここまで、自分たちの強みをもっともっと伸ばすために練習してきました。早い展開、フルフィールドオフェンス、前線からしっかりプレスをかけてゴールを狙う。甘いところも修正して頂点を目指します」

5年前の全日本選手権では決勝で社会人クラブチームのFALCONSに6-14で敗れた。「今年は海外遠征の経験もふまえて、強い相手に対してかなりいい雰囲気で試合ができるチームです」と後藤は自信をのぞかせる。頂点まで、あと3つ。後藤組に抜かりはない。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む