野球

東洋大、日本一ならずリベンジ誓う「神宮大会でやり返す」

2回戦、準々決勝と連投し、力投を見せたエース村上

東洋大はチームの目標に「奪還」を掲げ、日本一に挑んだ。ここ2年続けて初戦敗退だったが、エース村上頌樹(3年、智弁学園)の力投と持ち前の打力で初戦を突破。しかし、続く準々決勝で東京六大学野球(以下、六大学)の覇者、明大に完敗した。

東都のプライドにかけて

初戦の相手は中京学院大に勝ってきた桐蔭横浜大。先発のマウンドには村上が上がった。順調に滑り出すと、圧巻の投球を披露。5回に相手4番の大神田丈(4年、日大明誠)に内野安打を許し、この日最初のランナーを出した。さらに四球で1死一、二塁のピンチを招いたが、後続を打ち取り、7回112球を投げて無失点、6奪三振でマウンドを降りた。打線も奮起。3回に山崎基輝(3年、愛工大名電)のタイムリーヒット、6回には松本渉(しょう、1年、龍谷大平安)の大学初ホームランが飛び出して計7点を奪い、7-1で「打の東洋」の実力を示した。

そして迎えた準々決勝。相手は東都大学野球リーグと同じ神宮球場でリーグ戦を戦う六大学の明大だ。佐藤都志也主将(4年、聖光学院)が「意地と意地のぶつかり合い」と表現したように、東都のプライドをかけて決戦に臨んだ。

この試合でも村上が先発。連投だ。杉本泰彦監督は「うちのエースなので」とひとこと。絶対的な信頼を受けてマウンドに上がった。「東都の代表として、六大学には負けたくない」と、並々ならぬ覚悟で挑んだ村上だったが、1回に4番北本一樹(4年、二松學舎大附)のタイムリーツーベースで先制点を奪われる。3回には相手の強力打線につかまり、1死一、三塁からパスボールで2点目を与えてしまう。5回には内山竣(4年、静岡)に内野安打と失策などで2死二塁。ここでまたも北本に二塁打を許し、3点目を奪われた。

打っては相手のエース森下暢仁(まさと、4年、大分商)を攻めあぐね、なかなか塁に出られない。2回と4回の攻撃では、それぞれ木村翔大(2年、霞ヶ浦)と山田知輝(4年、桐生第一)が安打で出塁。しかし、どちらの回も併殺で切り抜けられ、流れを呼べなかった。その後もチャンスは訪れたが、生かせずに9回を迎える。2死から主将の佐藤がセカンド内野安打で出塁し、森下の暴投で二塁へ進む。続く山崎が粘って左前に落とすと、佐藤がホームインを狙った。レフト陶山勇軌(すやま、2年、常総学院)の返球でタッチアウト。試合終了となり、全日本選手権での日本一はかなわなかった。

戦国東都を制し、秋の日本一へ

「予想以上だった」と森下投手を評した佐藤主将。「野手が応えることができなかったことに悔いが残る」と語り、「(明治)神宮大会で六大を倒すイメージを持って」と、雪辱を誓った。

「神宮大会に出てやり返したい」と言ったのは村上だ。ライバルの六大学に負け、神宮大会でのリベンジに燃える東洋大。そのためには秋のリーグ戦優勝が必須だ。どう戦国東都を勝ち抜き、明治神宮大会を戦うか。日本一奪還に期待がかかる。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む