大学野球

5試合連続ホームランの法大・安本竜二、日米大学野球でも一発を!

今春の六大学野球で法大打線を牽引した安本

法政大学の安本竜二(4年、静岡)はこの春、東京六大学のリーグ記録に並ぶ5試合連続本塁打を放ち、一躍、大学球界で脚光を浴びる存在となった。2016年に名門静岡高校からスポーツ推薦で法大に入学。その才能は4年生の春になってようやく花開いた。

静岡高で3度の甲子園出場

高校時代から安本の実力は折り紙つきだった。内山峻(明大4)、堀内謙伍(現・東北楽天ゴールデンイーグルス)とともにクリーンナップを形成。栗林俊輔監督の下、甲子園には春夏合わせて3回出場し、3年生では主将を務めた。安本は高校時代を「野球観であったり、人間的な面であったり、いろんな面を変えるきっかけになりました」と振り返った。その経験を携えて、法大野球部の門を叩いた。

今季ここまでを振り返り、「毎日が充実していた」と安本

2年生の春にリーグ戦初出場。3年生の春には規定打席数には届かなかったが、打率389厘をマークし、チーム内での存在感が強まった。しかし、その秋は打席数を大きく減らし、ヒットなしに終わった。12シーズンぶりの優勝に沸いた仲間たちの輪にいながらも、心の中では「まったくチームに貢献できなかった」と、負の感情ばかりが渦巻いた。

3年秋の絶不調からはい上がった

それでも安本は、これまで積んできた日々の鍛錬を信じてはい上がった。今年に入るとオープン戦から好調を維持。春のリーグ戦で開幕スタメンを勝ち取ると、彼の存在感は試合を重ねるごとに増した。自らの打撃スタイルを崩さず、1打席1打席、とにかく思い切り振り抜く。その結果がようやく形となった。慶大1回戦から、2017年秋の岩見雅紀(当時慶大4年、現・楽天)以来六大学史上2人目となる5試合連続本塁打。安本は「試合があっという間に過ぎていって、毎日が充実してました」と、春のリーグ戦を振り返った。ただその記録は安本にとってあくまで「おまけ」にすぎない。記録よりも、これまで積み重ねたものが形となったことに価値がある。

日米野球でも豪快な一発を期待したい

安本は日米大学野球(716日〜21日)に臨む日本代表メンバーに選ばれた。アメリカを相手に、今度はどのような活躍を見せてくれるのだろうか。これまで積み重ねてきたものに何一つムダはない。ようやく開花したスラッガーの躍動から目が離せない。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む