野球

仲間思いのキャプテン大東大・石原与一、秋の首都リーグで1部に初挑戦

大東大の石原は主将として積極的に仲間へ声をかける

昨年の首都大学2部秋季リーグの最終戦後、スタジアムの外で2019年度の大東文化大学硬式野球部主将が発表された。選ばれたのは当時3年生で内野手の石原与一(よいち、都城)。昨秋の出番は少なかったが、全試合でベンチ入りし、チームを励まし続けた。キャプテンに就任したとき、石原は「春で1部に昇格して、秋に1部で優勝できるチームにしていきたい」と、野望を語っていた。

キャプテンの一打が、大東大を1部昇格へと導く

新キャプテンのもと、春のシーズンが始まった。大東大は昨年の春季リーグで2部の8位に沈んだ。だが、今年の春リーグでは開幕から快進撃を見せた。

開幕カードの成城大戦を連続零封リレーで連勝。ここから投手陣が大奮闘した。リーグ戦全試合の平均失点は2以下。攻めてはチャンスを確実に生かし、勝利を積み重ねた。絶好調の時期も、石原は「チャレンジャー精神を持って一戦一戦を戦おう」と、おごることなく言い続けた。

入れ替え戦へ駒を進めた大東大は、1部最下位の桜美林大と対戦した。1勝1敗で迎えた最終戦。勝てば1部昇格が決まる試合で石原が輝いた。1回裏、2死満塁の場面で走者一掃のタイムリーツーベース。この一打で流れを呼び込み、4-2で勝利。大東大を7シーズンぶりの1部昇格へと導いた。

桜美林大との入れ替え戦3回戦で、走者一掃の先制ツーベースを放った

春季リーグの最優秀選手に選ばれた石原は言った。「みんながいいところで回してくれたから打てました。キャプテンとして、チームへの特別な思いを持ってました」。ともに戦った仲間への感謝を忘れなかった。

秋季リーグでは選手全員が初めて1部で戦う。どんなときも粘り強く戦って、石原が主将就任のときに掲げた1972年以来2度目の1部優勝を、仲間とともに目指す。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む