卓球

早大卓球・五十嵐史弥、目指すは出場試合全勝で秋季リーグV

練習中、笑顔を見せる五十嵐(すべて撮影・マンティー・チダ)

8月25日に卓球の2019年度秋季関東学生リーグ戦が開幕しました。男子の春季1部リーグでは明治大が4シーズン連続の全勝優勝。女子は早稲田大が中央大を振り切って、4シーズン連続8度目の優勝を飾りました。4years.では9月4日から始まる秋の1部リーグ注目選手を紹介します。4人目は6月の関東学生選手権の男子シングルスで優勝し、ユニバーシアードに出場した早稲田大学2年の五十嵐史弥(遊学館)です。

明大に敗れ、悔しい春季リーグ準優勝

五十嵐は、遊学館を卒業後に早稲田大へ進学。2年生の今年は、春季リーグ戦でシングルス7試合に出場し5勝2敗。6月に行われた関東学生選手権も初優勝。さらにユニバーシアードにも日本代表として出場し、男子団体と男子ダブルスで3位の結果を残している。

「今年は全然悪くないし、自分でチャンスを掴んで貴重な大会も出場できたので、すごく良い経験ができました。徐々に試合で自分の力を出せるようにはなっていると思います」。五十嵐に改めて春季リーグ戦について振り返ってもらうと、こう切り出した。

「リーグ開幕直前に怪我をしてしまって、あんまり調子は良くない中で試合を迎えました。第2戦の中大戦で、僕と緒方(遼太郎、3年、帝京)さん、ダブルス(硴塚・緒方組)で3つ落としてしまいましたが、他のメンバーで支えあって4-3と勝つことができたので、チーム力がどんどん上がってきているなと思いました」

第2戦、早大は5番手が終わった段階でゲームカウント2-3と追い込まれていたが、6、7番と連勝し、逆転で勝利をもぎ取った。これをきっかけに5連勝を続けたが、第6戦で対戦した明大にフルゲームの末に敗れて1敗を喫した。この1敗が優勝を逃す一因となってしまった。

今年は明大に勝って、完全優勝を成し遂げたい

明大について五十嵐は「やっぱり底力があるというか、チーム力があってみんなで一丸となって戦っているイメージがあります」。エースの龍崎東寅については「フットワークをすごく使ってどんどん攻めてくるタイプで、チームを勢いづける勝ち方ができている選手」と分析する。

大学に入って習得したバックハンド

五十嵐は主導権を握りながら「バック対バック」に持ち込むプレースタイルだ。これを確立したのは大学に入学してからだった。「バックハンドが得意になったのは大学に入ってからですね。もともとはフォアハンドが得意だったんですが、バックハンドのミスをなくすように練習してたら、そのうちバック側で勝負できるようになりました。戦術の幅が広がったかなと思います。意識的にバック対バックに持ち込んでいます。フォアハンドで相手にストレートで送って、バック対バックで勝負する感じです。相手からしたら嫌でしょうね(笑)」。大学に入ってから自分で考えてプレーすることが多くなり、徐々に自分のスタイルがつくりあげられていった。

バックハンドを効果的に使ったプレースタイルで相手をほんろうする

ここまで聞くと、最後もバックハンドで勝負をするのかと思ったが、五十嵐は「決めに行くときはフォアハンド」と話す。「バックハンドをけっこう練習しているから、バックハンドでも決まってしまうという感じですね。バックハンドで決めに行っているイメージはないです。とりあえずつなぐという感じで、相手がミスをすることもあります」。バックでも、フォアでも攻められるように、今後も練習を積んでいく。

「吠えていれば大丈夫だと思ってください」

シングルスに強いというイメージがある五十嵐だが、ダブルスでも結果を残している。「ダブルスも全日本でランクに入っていて、インターハイも3位。ユニバーシアードも3位だったので、大きな舞台の方が得意ですね(笑)。演出が派手にあればあるほど好きです」と、大物ぶりをのぞかせる。その一方で緊張しがちなこともあると教えてくれた。「大会の最初の方が緊張しちゃうんです。会場にたくさんの卓球台がある時の一台で試合をするときは、とにかく上まで行かないといけない、と思っちゃって。でも最後、決勝とか試合が絞られてきた時はあんまり緊張しないです」

決勝より、普段の試合、さらには練習のほうがより緊張しているという。「試合に入ったらいいんですが、練習中は全然自信ないですね。試合の前にするラリーの方が緊張します。僕は1点を取った時にめちゃ声を出しています。そうすると緊張はしなくなるので。0-0で1本取ったら、思い切って吠えて。そうしたら気持ちが楽になるというか、リラックスできます」。この方法は、高校の監督に教えてもらった。「『1本目で中途半端なプレーをして声も出ないと、最後頑張ろうと思っても頑張ろうと思えないから』と言われて、必ず1本目を取ったら吠えて、気持ちを開放するようにしてます。僕が1本目に吠えていたら大丈夫だと思ってください。もし吠えていなかったら、緊張してます」

取りこぼしをなくして、出場試合全勝を

改めて五十嵐に、秋のリーグ戦を制するためのポイントを聞いてみた。「まずは僕が勝つことですけど、ダブルスがすごく大事かなとも思います。他人任せになってしまいますが(笑)」。個人としては「全勝したいですね。3季連続5勝2敗ですから。取りこぼしもなくしたい」と意欲を示す。

まずは学生トップに。五十嵐の秋シーズンが始まる

春の2敗は、いずれも五十嵐よりランキングが下位の「格下」の選手に負けた。「龍崎選手は取りこぼしがないんです。ランキングが下位の選手は僕に向かってくるので、自分が気持ちで受けて負けてるときがあるなと思います。最初から相手がノリノリでやってくると、自分もリズムを立て直せなくて負けちゃうときもあるので、最初から自分の方がチャレンジャーだという気持ちでいけたら、一番いいですね」

同学年の笹尾明日香は、今秋からTリーグにも参戦する。五十嵐にもその気はないかと聞いてみた。「まず本当に日本のトップにならないといけないので、中途半端に今の状態でTリーグへ行っても、どっちも中途半端になってしまう。将来実業団とかで自分で自信を持てるような力をつけてから、Tリーグに行きたいなと」。まずは本気で学生日本一を目指すつもりだ。

五十嵐がどんな相手でも挑戦者の気持ちを忘れずにリーグ戦を戦い抜いたとき、早稲田大学のリーグ戦制覇が見えてくるはずだ。