大学陸上・駅伝

特集:第88回日本学生陸上競技対校選手権

日本インカレ5000m、青学・𠮷田圭太が自己ベストで日本勢トップ

第88回日本学生陸上競技対校選手権
特集一覧を見る
日本勢1位となり、ガッツポーズでゴールする𠮷田(すべて撮影・藤井みさ)

第88回日本学生陸上競技対校選手権 男子5000m決勝

9月14日@岐阜メモリアルセンター 長良川競技場

1位 イェゴン・ヴィンセント(東京国際大1年)13分35秒75
2位 レダマ・キサイサ (桜美林大4) 13分39秒05
3位 𠮷田圭太 (青山学院大3年) 13分43秒54
4位 ローレンスグレ(札幌学院大2年) 13分51秒54
5位 浦野雄平(國學院大4年)13分58秒59
6位 ジョンルカムセンビ (東京国際大1年)  13分59秒10
7位 ダニエル・カヨウキ (桜美林大1) 13分59秒61
8位 菅原伊織 (城西大3年) 14分2秒88

陸上の日本学生対校選手権(日本インカレ)は9月14日の3日目、男子5000mの決勝があり、イェゴン・ヴィンセント(東京国際大1年)が13分35秒75で優勝した。3位には𠮷田圭太 (青山学院大3年)が入り、自己ベストの13分43秒54で日本勢トップとなった。

留学生が刻むハイペースなレースに食らいつく

レースはハイペースで始まった。スタート直後から東京国際大のヴィンセントがトップに立ち、レースを引っ張る。そこについたのは東海大の小松陽平(4年)と國學院大の浦野雄平(4年)。1000mの通過は2分45秒、2000mは2分43秒とラップを刻み、集団の中盤から𠮷田が前に出た。

3000mを過ぎて先頭集団ばヴィンセント、𠮷田、浦野、レダマ・キサイサ(桜美林大4年)、ローレンス・グレ(札幌学院大2年)、ダニエル・カヨウキ(桜美林大1年)の6人に。ラスト5周となり、浦野が徐々に先頭から離れる。𠮷田は最後までヴィンセント、キサイサの2人について走り、最後はガッツポーズでゴールした。終わってみれば上位7人が13分台というハイレベルなレースだった。

想像以上に走れたものの、留学生と力の差を感じ

𠮷田(1番)と浦野(17番)は序盤から積極的に留学生についていった

日本勢1位の𠮷田圭太の
「7月にベストを出したばっかりだったんですけど、そこからまた自己ベストを出せました。想像以上に走れたというのが正直なところなんですけど、しっかり先頭集団で走ることができて、日本人トップで3位に入れてよかったです。3人集団になったときはトップ狙ってやろうと思ってて、最後離れてしまったのは力の差を感じました。ただ去年(日本インカレ5000m)3位、今年も3位だったので、来年は優勝を狙いたいなと思ってます。明日のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)は現地へ応援に行く予定なので、トップランナーが集まる大会ですし、しっかり学べたらいいなと思います。先輩方は本当に強い選手たちなので、東京オリンピックを目指して頑張ってほしいです」

留学生に勝つつもりが、𠮷田にも負けて悔しい

ゴール後、納得のいかない表情を浮かべる浦野

日本勢2位の浦野雄平の話
「余裕を持って走れてましたが、もうひとつ伸びが足りませんでした。3000m以降の走りが課題だと思います。勝ちに来てたので、勝ちきれなかったのはまだ我慢強さが足りないのかなと思います。留学生に勝つというつもりで走りましたが、負けてしまってシンプルにスピード、パワーが劣っているなと感じました。(𠮷田圭太に)前に出てもらって、少し休もうと思ったんですがそのままいかれてしまいました。ホクレンでは勝ってたので、今回は負けて悔しいです。チームメイト、監督からも走って当たり前と思われてるし、自分でもそう思ってるので、今回の順位は少し物足りないです。三大駅伝では区間賞、トップで走ることも想定しているので、ゲームチェンジャーとなれるような走りをしたいです」

in Additionあわせて読みたい