陸上

強さ際立つ國學院大・浦野雄平、チームも個人もレベルアップする充実の夏

強風の中でも自己ベストを更新した浦野(すべて撮影・藤井みさ)

ホクレンディスタンスAチャレンジ第5戦 網走大会

7月22日@北海道・網走市営陸上競技場
5000mA組 2位(日本勢トップ) 浦野雄平(國學院大) 13分45秒94

ホクレンディスタンスチャレンジ(以下、ホクレン)網走大会男子5000mA組は、時折強風が吹きつける過酷なコンディションの中で争われた。國學院大の浦野雄平(4年、富山商)が終始積極的にレースを進め、A組の2位、日本勢トップでゴール。自己ベストを7秒近く更新した。

先頭に食らいつき、自己ベストを7秒更新

強い。彼のこのところのレース運びを見ていると、そう思わされる。誰もがタイムを出すためにやってくるこの大会。5000mA組のターゲットタイムは13分40秒だった。スタートしてすぐペースメーカーより前へ飛び出したのは、アレックス・チェロノ(トヨタ自動車)とメシャク・ムングティ(NDソフト)。外国勢が積極的に引っ張る中、浦野はその後ろにぴったりとついた。残り4周を切った時点で、先頭集団はチェロノ、ムングティ、ドナルド・ミテイ(中電工)、フィリップ・ムルワ(創価大1年、キタテボーイズ)と浦野、長谷川柊(しゅう、専修大4年、八海)の6人に絞られる。残り2周を切ってペースメーカーが外れると、チェロノがスパート。浦野は懸命に食らいつき、2位でゴールした。

浦野(中央左の414番)はレース序盤から先頭付近につけた

自己ベストを7秒近く更新した浦野だが、レース後は悔しさもにじませた。「風がかなりあったんですけど、後ろでしっかり(脚を)ためられたかなと思います。13分40秒がターゲットのレースで、43秒は切りたかったんですけど……なかなかうまくいかないなと思いました」

学生には負けたくないという気持ちで

5000mA組には、実業団選手だけでなく学生も数多くエントリーした。「もちろん意識しました」と浦野。「ユニバーシアードに出た明治の阿部(弘輝、4年、学法石川)君や、東海大のエース關(颯人、4年、佐久長聖)君といった有力校の選手がたくさん出てましたから。前田(康弘)監督からも『しっかり学生トップを取っていこう』と言われてました。取れてよかったです」

浦野は5月の関東インカレ2部5000m、10000mでともに日本勢1位になり、ホクレン第2戦の深川大会では、それまで28分51秒82だった10000mの自己ベストを26秒も更新する28分25秒45で走りきった。そしてこの日の5000mでも自己ベストをたたき出した。好調が続く要因はなんなのだろうか。「(3月のユニバーシアード代表選考会を兼ねた)日本学生ハーフで負けたのが大きかったです。大事なところで勝てないと、悔しい思いをするのは自分だなと。大事なところで勝つためにも、一戦一戦を大事にしようと決めました。その思いを形にできてると思います」。日々の練習から、以前よりも意欲的に取り組めているのだという。

学生には負けたくない。強い気持ちがあった

浦野は学生ハーフでは5位だった浦野。中盤まで先頭争いに絡んでいたが、ユニバーシアードの出場権は1位の相澤晃(東洋大4年、学法石川)、2位の中村大聖(駒澤大4年、埼玉栄)、3位伊藤達彦(東京国際大4年、浜松商)の手に。その悔しさが、浦野の原動力だ。「これからも彼らと戦うことは何度もあると思うんですが、勝てるように。負けたくないです」

チーム力の向上が、個人のレベルアップにつながる

夏に入り、國學院大のメンバーたちが次々と自己ベストを出している。浦野がホクレン深川大会で10000mの自己ベストを更新した日、キャプテンの土方英和(4年、埼玉栄)も5000mでわずかながらベストを更新。7月14日の関東学生網走夏季記録挑戦競技会では藤木宏太(2年、北海道栄)と島﨑慎愛(2年、藤岡中央)の2人が10000mでベストを出した。「この期間で全員自己ベストを更新しようという目標を持ってやってます」と浦野。

國學院大は昨年の全日本大学駅伝で6位に入り、初のシード権を獲得。年始の箱根駅伝では総合7位となり、こちらもシード権を獲得するとともに出雲駅伝への出場権も手にした。例年この時期は駅伝シーズンに向けてチーム全体で距離走などに取り組んでいた時期だが、シード権を獲得できたことで、個人の目標に集中できているという。浦野は言う。「ホクレンに出るのも、4年目で初めてなんです。最後に記録がほしいところで出て、更新できてよかったです。駅伝シーズンにつながる結果になったと思います」

國學院のエースとして、集大成のラストイヤーを駆け抜ける

浦野自身もチーム全体のレベルアップを感じ始めている。「練習で自分に食らいついてくる下級生がだんだん増えてます。藤木や島崎といった目に見える結果を出す選手もいますし。下級生の成長をうながすためにも、自分がもっとやっていかないと、と思います」。このあとは夏合宿だ。「去年は8月にけがをしてしまって1カ月走れなかったので、まずはすべての練習を消化することを大前提にしたいです。駅伝シーズンに向けて距離が長くなるので、走り込みを第一に考えていきたいです」

國學院史上最高のチームへ

次のレースは9月の全日本インカレになる予定だ。関東インカレでは「留学生に勝つ」という気持ちで走ったが、一歩及ばなかった。「留学生とトラックで真剣勝負するのは(全日本インカレが)最後になると思うので、なんとか最後に勝てればと思います」と、リベンジを誓った。

この日の浦野からは、オーラのようなものさえ感じられた。チームが強くなることで、個人が強くなる。そしてまたチームが強くなっていく。今年のチーム目標は箱根駅伝往路優勝・総合3位。國學院大の歴史が変わろうとしている。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む