大学陸上

東洋大の相澤が完勝 日本学生ハーフマラソン選手権

東洋大3年の相澤が1時間1分45秒の自己ベストで優勝

第22回日本学生ハーフマラソン選手権が3月10日、東京・立川で今夏のユニバーシアードの代表選考会を兼ねて開催され、今年の箱根駅伝で4区の区間新記録を出した東洋大3年の相澤晃(学法石川)が1時間1分45秒で優勝を飾った。2位には駒澤大3年の中村大聖(埼玉栄)が1時間1分51秒で、東京国際大3年の伊藤達彦(浜松商)が1時間1分52秒で3位に入った。3人が1時間1分台というハイレベルのレースだった。この3人が7月にイタリア・ナポリで開かれるユニバーシアードのハーフマラソン代表に内定した。

4位には3位から10秒遅れて國學院大3年の土方(ひじかた)英和(埼玉栄)、5位には同じく國學院大3年の浦野雄平(富山商)が入った。

(左から)3位の東京国際大3年の伊藤、1位の相澤、2位の駒澤大3年の中村

優勝した相澤晃の話

1年生のときにこの大会を走ったことがあって、キツいコースだと知っていたので、後半のアップダウンに備えてしっかり練習してきました。酒井監督には「あまり前で引っ張らなくていい。5kmぐらいまでは抑えてていいよ」と言われてました。それで先頭を引っ張らないぐらいの位置で先頭集団について、5kmから前に出ました。最後は自分からスパートして、勝ちきれてよかったです。自分はフロントで走るのが持ち味なので、そういう意味では東洋大らしく攻めたレースができて自信につながりました。

日本学生ハーフマラソン選手権スタートの様子(撮影・松永早弥香)

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む