大学陸上・駅伝

クロカン日本選手権 國學院大・浦野雄平が初優勝、田村和希は2年連続2位

両手を広げ、笑顔でゴールする浦野(すべて撮影・藤井みさ)

第103回日本選手権クロスカントリー

2月22日@福岡・国営海の中道海浜公園クロスカントリーコース
シニア男子10km
1位 浦野雄平(國學院大4年) 29分18秒
2位 田村和希(住友電工) 29分24秒
3位 田村友佑(黒崎播磨) 29分34秒

陸上のクロスカントリーの日本選手権が2月22日、福岡・海の中道海浜公園であり、シニア男子10kmは國學院大の浦野雄平(4年、富山商)が初優勝を飾った。浦野は5月9日に東京・国立競技場で開催される日本選手権男子10000mの出場権を手にした。昨年の10000m日本選手権覇者である田村和希(住友電工)は2年連続の2位、田村の弟の友佑(ゆうすけ、黒崎播磨)も昨年に続いて3位に入った。

1周2kmのコースを5周するレースは序盤、牧良輔(SUBARU)が先頭で引っ張り、そこに梶谷瑠哉(同)、田村友佑が続いた。3km手前で田村和希が前に出て、集団の先頭に立つ。4kmすぎで田村兄弟、浦野、島貫温太(あつと、帝京大4年、市立柏)の4人が先頭集団を形成。島貫は次第に遅れ、池田燿平(日体大3年、島田)と鈴木祐希(カネボウ)が上がってくる。6km地点では先頭集団はは5人に。7kmすぎで池田と鈴木が脱落し、トップ争いは田村兄弟と浦野の3人に絞られた。ラスト1周で浦野がスパートして抜け出し、そのまま笑顔で初優勝のゴールテープを切った。

ラストは田村友佑(右)、浦野(中央)、田村和希の3人の勝負になった

優勝した浦野雄平の話
「4周目に入ったところから出るタイミングをうかがっていて、急がないように、できるだけ引きつけようと思ってました。9km手前のところがぬかるんでいて、そこで力を使ってしまうとよくないので、そこを過ぎてからスパートしました。この1年、とくに駅伝シーズンに不本意なレースが続いてしまって、なんとかここで勝ちたいと思っていたので、うれしくて笑顔が出ました」

2位の田村和希の話
「いいペースでいって、残り2周ぐらいで出ようと思ってたんですが、2周目でペースが落ちちゃったので、早い段階で(前に)出ました。(最後に離されたときは)その一瞬だけスピードがすごい速くて、そのスピードに対応できる練習をまだしてなかったんで、いかれちゃいました。(浦野くんは)山登りやってるから強いですね! 『絶対余裕あるわ』って思ってたら、やっぱりいかれちゃいました(笑)。自分の中でいいレースはできたと思います」

in Additionあわせて読みたい