大学ラグビー

早稲田・伊藤大祐や帝京・奥井章仁ら大物続々 期待のルーキー関東対抗戦

桐蔭学園の高校3冠を牽引して早稲田大へ入った伊藤大祐(すべて撮影・斉藤健仁)

大学ラグビー界も新型コロナウイルスの感染拡大で春の公式戦が中止になるなど1年生のデビューが遅れている。2019年のワールドカップ(W杯)で日本がベスト8へ躍進したことで次代を担う若者たちに世界の頂はより身近になった。3年後、7年後のW杯を見据えて新たな舞台を待ちわびるルーキーたち。まず、明治大学や早稲田大学など関東対抗戦の各校へ入部した選手を紹介する。

SO岸岡智樹の後継者目指す新司令塔候補

新しくなった国立競技場で11シーズンぶり16度目の全国大学選手権優勝に輝いた早稲田大で随一の注目ルーキーは、やはり2019年度の「高校3冠」(選抜、7人制、全国大会)を達成した桐蔭学園(神奈川)のキャプテンだったSO伊藤大祐だ。過去4シーズン、不動の10番を務めたSO岸岡智樹(クボタ)の後継者を2年のSO吉村紘(東福岡)と争うはずだ。国体ベスト4の石見智翠館(島根)のSO久富連太郎、長崎北陽台の中心選手だった有望なCTB岡﨑颯馬にも期待がかかる。

FWは伊藤とともに高校日本代表に選出された東福岡出身のPR川﨑太雅、同じく東福岡出身の運動量豊富なFL永嶋仁、京都成章のFL/No.8村田陣悟あたりもAチーム争いに加わってくるかもしれない。

また早稲田大は、一昨年度は花園(全国大会)、昨年度は選抜大会にも出場した早稲田実業(東京)と高大連携で強化しており、全国の舞台を経験したLO池本大喜や、他にも一般入試でも有望選手が入部する予定で層は厚くなるはずだ。

身長191cmのLO山本嶺二郎は明治大・田中監督の期待も大きい

明治大にはLO山本嶺二郎ら高校日本代表がずらり

続いて、昨年度は対抗戦で全勝優勝したが大学選手権決勝で涙をのんだ明治大だ。今シーズンも、他校がうらやむような選手たち24人が入部する。直接、田中澄憲監督が声を掛けた代の選手たちであり、一昨年度の大学選手権優勝の効果もあろう。

24人中、高校日本代表だけで6人、高校日本代表候補も7人いる。前者の顔ぶれは、常翔学園(大阪)のキャプテンだったPR為房慶次朗、ラン能力も高い天理(奈良)出身のPR中山律希、京都成章から来た身長191cmのLO山本嶺二郎、同じく長身LOで長崎北陽台出身の亀井茜風、茗渓学園(茨城)をリードしたSH大越勇気、アタック力に長けた東福岡出身のCTB廣瀬雄也だ。

桐蔭学園からはHO床田淳貴、WTB西川賢哉も入部する。また國學院栃木のSO伊藤耕太郎は、高校の先輩である日本代表の田村優(キヤノン)と同じ紫紺ジャージーを選んだ。

潜在能力が高い東海大相模出身のSO池戸将太郎

さらにLO山本とともに田中監督が「Aチームに入っているのでは?」と潜在能力の高さを買っているのが東海大相模(神奈川)出身のSO池戸将太郎だ。身長180cmでキックも得意な池戸は、副キャプテンの山沢京平(4年、深谷)らとのポジション争いに絡んでくる可能性もあろう。

王座奪還を目指す帝京大には大阪桐蔭から奥井章仁と江良颯

V9時代を知る新4年生がいる今シーズンこそ、王座奪還を狙う帝京大にも高校代表5人、高校代表候補4人を筆頭に有望な選手が30人加わった。

特筆すべきは高校2年時に大阪桐蔭の花園初優勝に大きく貢献し、高校代表にも選ばれたFL/No.8奥井章仁、HO江良颯の2人が加入したことだ。2人ともボールキャリアーとして前に出る力は世代トップクラスであり、1年時からレギュラー争いに絡んでくることは必死。特に奥井は、現在はバックローだが、大学の先輩となる日本代表の堀江翔太や坂手淳史(ともにパナソニック)のように将来的にはHOとしてもプレーすることになるかもしれない。

2年時に大阪桐蔭を初の高校日本一に導き高校日本代表にも選ばれた奥井章仁

また他にもFWには大型選手をそろえていた京都成章からPR西野拓真、LO岡大翔、FL/No.8延原秀飛の3人、花園準優勝の御所実業(奈良)からPR津村大志、高校1年時まで野球部に在籍していた日本航空石川LO藤井慎太郎も入部する。

BKは東福岡で高校1年時から花園を沸かせたWTB志氣陸王、そして東福岡のエースだったWTB高本とむ、ランにたけた長崎北陽台FB山口泰輝らが入った。層の厚いBK陣に、どこまで食い込むことができるか。

昨年度、大学選手権ベスト8に入った国立の筑波大のリクルートは今シーズンも少数精鋭である。昨年度のキャプテンだったSH杉山優平(東芝)の穴を埋めるべく、高校代表候補のSHだった2人、高鍋(宮崎)の白栄拓也と東海大大阪仰星の松井翔が入部する。2人のライバル争いにも注目したい。

FWは、第1列に中部大春日丘(愛知)のPR田中希門、同じ愛知の旭野からPR内田康介、そして花園で優勝した桐蔭学園からHO平石颯の3人が加わった。セットプレーの安定に大きく貢献することになるだろう。

巻き返し狙う慶應義塾大には注目の「山田2世」

昨シーズン、対抗戦5位で大学選手権に出場できなかったルーツ校の慶應義塾大。今シーズンも強豪の慶應(神奈川)から内部推薦で多くの選手が加わると同時に、AO入試などで6人が入部した。

慶應義塾大へ進んだ山田響。一人でトライを取り切る力がある

中でも、ルーキーイヤーから活躍しそうなのが、報徳学園(兵庫)から入部したFB山田響だ。高校2年でユースオリンピック(アルゼンチン)7人制で日本の銅メダルに貢献、その後、15人制の高校代表にも選ばれた。鋭いステップ、スピードで、元日本代表の山田章人(NTTコミュニケーションズ)のようなタイガー軍団のエースとなれるか。他にも桐蔭学園からPR岡広将、WTB樋口豪が入部する。

同じく昨年度5位だった日体大には長崎北陽台出身のNo8中原拓海、御所実業のFL長船鉄心らが入部。7位だった青山学院大には高校日本代表に選ばれた京都成章のHO門恒介、桐蔭学園出身のSH亀井健人、CTB桑田敬士郎が入った。今シーズン、昇格した立教大には桐蔭学園からWTB天羽秀太、京都成章出身のWTB太田匠海らが入った。 残念ながら東日本セブンズ、関東春季大会は中止されたが、ルーキーたちが加わり秋にはどんなチームになっているか、今から楽しみでならない。

in Additionあわせて読みたい