大学アメフト

特集:関東大学アメフト新主将インタビュー2020

早稲田大・大西郁也「一味違うチームで日本一」 関東TOP8新主将インタビュー8完

大西の率いるビッグベアーズは、もう甲子園で負ける訳にはいかない(すべて撮影・北川直樹)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、関東大学アメリカンフットボールリーグは春のオープン戦をすべて中止しました。4years.では1部TOP8に所属する8チームの新キャプテン宛てにメールで6項目の質問を送付し、回答してもらいました。最後は過去5年で甲子園ボウルに4回出場、悲願の学生日本一にかける早稲田大学のDB(ディフェンスバック)大西郁也主将(4年、早大学院)です。

質問1 理想のキャプテン像を教えて下さい。具体的な人がいるなら、その方の名前を挙げて、どんなところがすばらしいと思うのかについてもお願いします。

理想のキャプテン像は、具体的にはありません。チームメイト一人ひとりの力を最大化できる。そんなキャプテンになりたいです。

昨年の甲子園ボウルで、関学のエースRB三宅(右)をタックルに向かう大西

質問2 2020年度のチームスローガン(テーマ)と、そこに込めた思いを教えて下さい。もしスローガンがない場合は、自分がキャプテンとなったチームをどんな集団にしていきたいか答えてください。

チームスローガンは「尽力」です。日々の練習から自分の力を出し切ること。それを体現することが大きな成長、そして日本一へ繫(つな)がっていくと思っています。

質問3 自分自身の過去3年を振り返って、どんな自己評価をしていますか?

部活動では偉大なコーチや先輩に恵まれ、この3年間で成長できたと思います。しかし、まだまだシーズンを通してムラがあるので、常に試合の流れを変えられるようなプレーヤーを目指し、今シーズンも成長し続けたいです。

質問4 チームにとって、4年生とはどんな存在であるべきだと考えていますか?

4年生全員がリーダーでありチームの柱です。4年生全員がBIG BEARSを率いているという自覚と責任感を持って、常にリーダーシップを発揮しなければならないと思います。

大西はいつも試合の流れを変えられるDBを目指す

質問5 この秋、あなたがとくに期待する(期待できると思う)3年生以下の選手を一人挙げて、理由も教えて下さい。

3年生のDL(ディフェンスライン)永山開一(足立学園)です。ポテンシャルが非常に高いと思っています。また、試合の流れを変えるプレーができる選手で、今年は要所でビッグプレーを起こしてくれるでしょう。実力だけではなくリーダーシップも兼ね備えているので、3年生という立場からチームを動かしてくれます。

質問6 最後に、秋のシーズンを心待ちにしているアメフトファンのみなさんへの言葉をお願いします。

我々が大好きなフットボールを今年も楽しめるよう、いまは一丸となって頑張りましょう。今年の早稲田は一味違う。そう思ってもらえるようなチームを作っていきますので、応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

in Additionあわせて読みたい