アメフト

京都大・渡部大智「激しいフットボールを」 関西1部主将インタビュー2

苦しい時、自分の姿を見てほしい(ともに京都大アメフト部提供)

関西学生アメリカンフットボールリーグ1部は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が延期になりました。4years.では1部に所属する各校のキャプテンにメールで6項目の質問を送付し、回答してもらいました。2人目は京都大学のDL(ディフェンスライン)渡部大智主将(4年、麻布)です。京大は春の今出川ボウルで同志社大に快勝、力強さを取り戻せるでしょうか。

質問1 2021年度のチームスローガン(テーマ)と、そこに込めた思いを教えて下さい。もしスローガンがない場合は、自分がキャプテンとなったチームをどんな集団にしていきたいか答えてください。

「激しいフットボール」をして勝つということを掲げています。
全ての練習がそこに繋(つな)がっていると考え、「激しいフットボール」を体現するために具体的に行動しています。

質問2 理想のキャプテン像を教えて下さい。具体的な人がいるなら、その方の名前を挙げて、どんなところがすばらしいと思うのかについてもお願いします。

どんな状況にあっても勝利を目指して、常に前を向き続けていることです。チームが苦しい局面にある時、自分の姿を見れば誰もがまだやれると信じられる、そのようなキャプテン像を目指しています。

質問3 自分自身の過去3年を振り返って、どんな自己評価をしていますか?

良い意味でも悪い意味でも自分の事ばかり考えていたと思います。どうやってロスタックルやQBサックをするか、自分が試合で活躍することがチームを勝利に近づけると考えていました。4回生となった今、考えると先輩方が伸び伸び出来る環境を作ってくれていたのだと思います。下級生には思い切ったプレイをしてもらいたいです。

春は同志社と桃山学院に快勝した

質問4 チームにとって、4年生とはどんな存在であるべきだと考えていますか?

常に先頭に立ち続け、自らの辛(つら)い、苦しいといった負の感覚に飲み込まれずに勝利のために行動し、下級生を引っ張る存在であるべきだと考えます。

質問5 コロナ禍、特に下級生は十分な練習を積めていないと思いますが、この秋、あなたがとくに期待する(期待できると思う)下級生の選手を一人挙げて、理由も教えて下さい。

2回生DL(ディフェンスライン)#5の鈴木司恩(青山)です。
昨年はグラウンドで練習する時間は少なかったですが、春シーズンの試合にも多く出場しました。フィジカルはまだ発展途上ですが、持ち前のスピードと思い切りの良さでオフェンスに襲い掛かってくれると期待しています。

質問6 最後にシーズンを心待ちにしているファンのみなさんへの言葉をお願いします。

コロナ禍でファンの皆様から直接ご声援を頂くことはなかなかございませんが、ファンの皆様には様々な形で応援していただき感謝しています。目標である学生日本一に向けて「激しいフットボール」をやり切ります。

in Additionあわせて読みたい