アメフト

日本大・菅原大斗「甲子園の空を赤く染める」 関東TOP8主将インタビュー3

これまで以上に4年生主体で日本一奪還を目指す(撮影・ともに北川直樹)

関東大学アメリカンフットボールリーグ1部TOP8は9月4日に開幕予定です。4years.ではTOP8に所属する各校のキャプテンにメールで6項目の質問を送付し、回答してもらいました。3人目は昨季、関東の「優勝決定戦」を制し3年ぶりに甲子園ボウルに出場した日本大学のDL(ディフェンスライン)菅原大斗(ひろと)主将(4年、日大鶴ケ丘)です。5日の早稲田大学戦からシーズンが始まります。

*関東学生アメリカンフットボール連盟は、9月4日に予定していた公式戦開幕を1カ月延期し、1部リーグTOP8は10月2日の開幕を目指すことを、8月21日の臨時理事会で決めました。

質問1 2021年度のチームスローガン(テーマ)と、そこに込めた思いを教えて下さい。

今年度のチームスローガンは「一戦必勝」です。目の前の勝負にこだわり、勝利していくということです。我々の最終目標である日本一とは、そんな一つひとつの勝利が積み重なった先にあるものだと思います。これは試合にのみあてはめているわけではなく、普段の練習の1プレーや日常生活、フットボールにつながる全てのものにこだわっています。

質問2 理想のキャプテン像を教えて下さい。具体的な人がいるなら、その方の名前を挙げて、どんなところがすばらしいと思うのかについてもお願いします。

誰よりもチームのことを考えて、最後までチームの勝利のために戦う人だと思います。昨年度の主将の伊東(慧太)さんはまさにそんな方でした。甲子園ボウルでは足の骨が折れている中でも、フィールドに立って最後までチームを鼓舞し続けてくださいました。自分は主将としてまだまだ未熟者ですが、伊東さんと3年間練習を共にした経験を生かして、少しでも理想のキャプテン像に近づけるように頑張ります。

日大・伊東慧太「一戦必勝を続けて日本一に」 関東TOP8新主将インタビュー

質問3 自分自身の過去3年を振り返って、どんな自己評価をしていますか?

私は1年生の春の名城大学戦で初めて大学の試合に出場しました。そこで高校とは比べものにならないほどのフィジカルの差を痛感しました。それ以降、特に体作りに力を入れ、練習時間外での自主トレーニングや食事の量を増やすなどして当たり負けないフィジカルを目指してきました。自分自身そういった部分での成長は感じていますが、チームに何か良い影響を与えることができたかと言われても、足りない部分が多かったように感じます。

1年生から期待され、最終学年を迎えた

質問4 チームにとって、4年生とはどんな存在であるべきだと考えていますか?

今年は橋詰(功)監督や泉田(武志)コーチが辞任されるので、4年生はプレーヤーでありながら指導者にもならなくてはいけないと思います。これまで監督・コーチがやってくださったゲームプランやアサイメントを練ることも、4年生が主体となって考えなくてはいけません。これまでも主体性を掲げて活動してきましたが、4年生はより一層チームの勝利のために常に何をすべきかを自ら考えて行動していく必要があります。

質問5 コロナ禍、特に下級生は十分な練習を積めていないと思いますが、この秋、あなたがとくに期待する(期待できると思う)下級生の選手を一人挙げて、理由も教えて下さい。

期待している下級生はたくさんいますが、特に頑張ってほしいのが2年生QBの加藤(俊輔=日大櫻丘)です。昨年の林大希さんの後任ということもあって、重圧や責任を感じていたと思います。しかし春の試合ではどんな状況でも落ち着いてプレーして、オフェンスをまとめていました。まだまだ彼自身課題はたくさんあるとは思いますが、上級生がしっかりサポートして、これからも成長していってほしいです。

日本大学の加藤俊輔、名QB林大希の後継に挑む2年生の春

質問6 最後にシーズンを心待ちにしているファンのみなさんへの言葉をお願いします。

平素より日大フェニックスを応援してくださりありがとうございます。皆さんからいただく、たくさんのご声援が我々の力になっています。昨年、関西学院大学に負けた悔しさを晴らして、甲子園球場の空を赤く染めます。今年も応援のほどよろしくお願いします。

in Additionあわせて読みたい