アメフト

早稲田大・永山開一「1プレーに全てを懸け」 関東TOP8主将インタビュー5

開幕戦でいきなり日本大学と対戦する(早大アメフト部提供)

関東大学アメリカンフットボールリーグ1部TOP8は9月4日に開幕予定です。4years.ではTOP8に所属する各校のキャプテンにメールで6項目の質問を送付し、回答してもらいました。5人目は悲願の大学日本一を目指す早稲田大学のDL(ディフェンスライン)永山開一(かいち)主将(4年、足立学園)です。5日の初戦は、2013年からともに4回ずつと甲子園ボウル出場を分け合っている日本大学との大一番になります。

*関東学生アメリカンフットボール連盟は、9月4日に予定していた公式戦開幕を1カ月延期し、1部リーグTOP8は10月2日の開幕を目指すことを、8月21日の臨時理事会で決めました。

日本大・菅原大斗「甲子園の空を赤く染める」 関東TOP8主将インタビュー3

質問1 2021年度のチームスローガンと、そこに込めた思いを教えて下さい。

今年度のチームスローガンは「愚直」です。私達は1プレーに対する想いや迫力に欠ける部分があったため、部員全員が1プレーに全てを懸け、愚かと評したくなるほど実直な姿勢でやりきって欲しいという願いを込め、このスローガンに決めました。

質問2 理想のキャプテン像を教えて下さい。具体的な人がいるなら、その方の名前を挙げて、どんなところがすばらしいと思うのかについてもお願いします。

僕が大学1年生の時に主将であった斉川(尚之)さんには同じポジションということもあり、とても憧れています。プレーでの存在感がずば抜けており、主将として圧倒的な威圧感があり、自分が目指すべき主将像だなと思います。

質問3 自分自身の過去3年を振り返って、どんな自己評価をしていますか?

精神面も技術面も未熟な選手だったと思います。

「全員がチームを引っ張る」(撮影・北川直樹)

質問4 チームにとって、4年生とはどんな存在であるべきだと考えていますか?

全員がチームを引っ張るべき存在でなければならないと思います。試合に出る/出ないにかかわらずチームに対して何で貢献できるのかを考え、行動するべきと考えています。

質問5 コロナ禍、特に下級生は十分な練習を積めていないと思いますが、この秋、あなたがとくに期待する下級生の選手を一人挙げて、理由も教えて下さい。

誰か一人に期待しているというより全員に期待しています。下級生は本当に素晴らしい選手が多いので全員やってくれると思います。

質問6 最後にシーズンを心待ちにしているファンのみなさんへの言葉をお願いします。

いつもご声援頂き、ありがとうございます。今年は昨年の悔しさを晴らして必ず日本一になります。応援の程、よろしくお願い致します。

in Additionあわせて読みたい