アメフト

東京大学・吉田慶二郎「全員の力を結集し」 関東TOP8主将インタビュー2

TOP8で3シーズン目を迎え上位をうかがう(撮影・ともに朝日新聞社)

関東大学アメリカンフットボールリーグ1部TOP8は9月4日に開幕予定です。4years.ではTOP8に所属する各校のキャプテンにメールで6項目の質問を送付し、回答してもらいました。2校目はTOP8で3シーズン目を迎える東京大学のLB(ラインバッカー)吉田慶二郎主将(4年、立川)です。

*関東学生アメリカンフットボール連盟は、9月4日に予定していた公式戦開幕を1カ月延期し、1部リーグTOP8は10月2日の開幕を目指すことを、8月21日の臨時理事会で決めました。

元稀勢の里の「荒磯親方の横綱ゼミ」東大アメフト部編

質問1 2021年度のチームスローガン(テーマ)と、そこに込めた思いを教えて下さい。もしスローガンがない場合は、自分がキャプテンとなったチームをどんな集団にしていきたいか答えてください。

全員が主体性を持ち、役割や学年にかかわらず一致団結して切磋琢磨(せっさたくま)できるような集団でありたいと考えています。東大が勝つには全員の力を集結させる必要があるので、一人ひとりがアメフトにかける熱い思いを持って勝利のために日々協力し、競い合いながら自分の限界を超えるために挑戦し続けるべきだと思います。

質問2 理想のキャプテン像を教えて下さい。

理想のキャプテン像は、背中で引っ張ることができると同時に、一人ひとりとのコミュニケーションも欠かさないキャプテンです。1人の選手として日本一になるためにあるべき姿を常に示し続けるのがキャプテンの役割だと思いますし、同時に、苦しい時や辛い時、同じ目線に立って個人に寄り添えるような、そんなキャプテンでありたいと思っています。

質問3 自分自身の過去3年を振り返って、どんな自己評価をしていますか?

自分の3年間は個人としてもチームとしても悔しい思いが印象に残っています。1年生の頃は右も左もわからないままがむしゃらにトレーニング、練習をしていました。2年生の頃からkickで試合に出始め、3年生の時はLBのスターターになりましたが、チームを勝たせるプレーができないどころかミスも多い自分に対する悔しさと、TOP8に昇格してから勝てない悔しさの両方を感じていました。今年はその悔しさを晴らすべく勝ちたいという思いが強いです。

「4年生全員がチームのリーダーに」

質問4 チームにとって、4年生とはどんな存在であるべきだと考えていますか?

全員がチームのリーダーであるという自覚を持って行動する存在であるべきだと思っています。個人レベルだけでなく、高い視点に立っていかにチームに良い影響をもたらせるかという観点からも自分の役割を自覚し、覚悟を持ってチームを引っ張っていくことができるのが4年生だと思います。

質問5 コロナ禍、特に下級生は十分な練習を積めていないと思いますが、この秋、あなたがとくに期待する(期待できると思う)下級生の選手を一人挙げて、理由も教えて下さい。

3年DB(ディフェンスバック)の渡邊泰地(渋谷幕張)です。熱い思いを持っている男ですし、身体能力が高く、アグレッシブなプレーができる選手だと思うので、秋は気負わず思い切ったプレーを見せてくれることを期待しています。

質問6 最後にシーズンを心待ちにしているファンのみなさんへの言葉をお願いします。

いつもWARRIORS(ウォリアーズ)への応援をいただきありがとうございます。新体制になってから5年という節目の年、結果で示さなくてはいけないと思っています。支えてくださっている皆さんの分まで、勝ちにこだわって日々努力していきますので、今後とも応援よろしくお願いします。

in Additionあわせて読みたい