アメフト

関西学院大・青木勇輝「『全員が日本一』のチーム」 関西1部主将インタビュー8

今年もやります!(撮影・ともに北川直樹)

関西学生アメリカンフットボールリーグ1部は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が延期になりました。4years.では1部に所属する各校のキャプテンにメールで6項目の質問を送付し、回答してもらいました。最後は関西学院大学のDL(ディフェンスライン)青木勇輝主将(4年、追手門学院)です。6年連続の甲子園ボウル出場、4年連続の大学日本一を目指します。

質問1 2021年度のチームスローガン(テーマ)と、そこに込めた思いを教えて下さい。

2021年度のスローガンは「I WILL」としました。「全員で日本一」になるのではなく、「全員が日本一」のチームにするという姿勢を表しています。「一人ひとり日本一に相応(ふさわ)しい人間になり、率先して行動し、『自分がやる』という気持ちを持って絶対にやり遂げる」という思いを込めています。

質問2 理想のキャプテン像を教えて下さい。

キャプテンは、日々の練習態度や日頃の行動でチームの模範となり、強い信念を持ってチームの進む方向を示す存在です。

質問3 自分自身の過去3年を振り返って、どんな自己評価をしていますか?

過去3年間は、自分の目標を達成するために努力を積み重ねてきたつもりでした。しかし昨シーズン、チームがしんどい状況になったときに、自分のプレーで流れを変えることができませんでした。そのことで、これまでの取り組みの甘さに気づき、見直すことができました。

全員が日本一にふさわしい人間を目指す

質問4 チームにとって、4年生とはどんな存在であるべきだと考えていますか?

4年生は、目標達成のために自ら考え、行動し、全身全霊をかけて努力し続けなければなりません。チームの中心的存在であるべきだと考えます。

質問5 コロナ禍、特に下級生は十分な練習を積めていないと思いますが、この秋、あなたがとくに期待する(期待できると思う)下級生の選手を一人挙げて、理由も教えて下さい。

この秋、特に期待しているのは、3年生OLの牛尾海(啓明学院)です。2年生時からスターティングメンバ―として活躍し、チームに貢献している選手ですが、今季はスピードとハンズテクニックを活かしたアグレッシブなプレーに期待しています。

質問6 最後にシーズンを心待ちにしているファンのみなさんへの言葉をお願いします。

私たちはコロナ渦で様々な制限があるなかでも、「日本一」という目標を達成するために日々努力をしています。スローガンである「I WILL」を体現する、泥臭い、アグレッシブなプレーに注目してください。これからも応援をよろしくお願いします。

in Additionあわせて読みたい