リポート

東京六大学野球「早慶戦」を振り返る・2回戦

東京六大学野球「早慶戦」を振り返る・2回戦

東京六大学野球「早慶戦/慶早戦」2回戦

10月28日@明治神宮球場
早稲田(1勝1敗) 6-5 慶應(1勝1敗)

王手の慶應に意地を見せた早稲田

勝てば46年ぶりの3連覇がかかった慶應は木澤尚文(2年、慶應)が先発。対する早稲田は、西垣雅矢(1年、報徳学園)がマウンドに立った。1-1の5回、早稲田は早川隆久(2年、木更津総合)が2番手として登板したが、郡司裕也(3年、仙台育英)に二塁打を打たれ1-3に。早川は6回から交代となった。2点を追う早稲田は6回に意地の6安打を放ち、一挙5点で逆転。9回、慶應は1点差としてさらに2死二、三塁で代打に三枝遼太郎(4年、慶應)が登場。ベンチの祈りは通じず、池田賢将(4年、高岡南)へのセンターフライでゲームセットとなった。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む

Related Topics関連する記事