リポート

東京六大学野球「早慶戦」を振り返る・3回戦

東京六大学野球「早慶戦」を振り返る・3回戦

東京六大学野球「早慶戦/慶早戦」3回戦

10月29日@明治神宮球場
早稲田(2勝1敗) 5-4 慶應(1勝2敗)

勝っても涙、負けても涙の一戦

慶應が勝てば3連覇、早稲田が勝てば法政の優勝が決定する一戦。慶應は「ボンバー」という異名をもつ高橋佑樹(3年、川越東)、早稲田は昨日の2回戦に続いて西垣雅矢(1年、報徳学園)がマウンドに立った。慶應は4回、郡司裕也(3年、#仙台育英)の2ランで先制。5回には早稲田に追いつかれるも、その裏に嶋田翔(2年、樹徳)の2点タイムリーヒットで勝ち越し、2-4に。早稲田は6回から、エースで主将の小島和哉(4年、浦和学院)をマウンドへ送り出した。

気迫のこもった投球を続けてきた高橋は8回に1死一、三塁から犠牲フライで1点を失う。続く9回には、右中間二塁打と暴投で無死一、三塁となり、菊地恭志郎(4年、慶応志木)に交代した。追いついた早稲田はその直後、岸本朋也(4年、関大北陽)のタイムリーで5-4で勝ち越し、そのまま逃げ切った。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む

Related Topics関連する記事