ラグビー

優勝かかった早明戦、勝負のカギはFW戦

優勝かかった早明戦、勝負のカギはFW戦
安定したセットプレーをアタックの起点としたい

関東大学対抗戦Aグループ

12月2日@東京・秩父宮
早稲田大(5勝1敗)vs明治大(5勝1敗)

現在、関東大学対抗戦は帝京大、早大、明大の3校に優勝の可能性がある。早明戦は今回で94回目を迎える伝統の一戦。この早明戦で勝てば、早大は8年ぶりに対抗戦優勝を勝ち取れる。今シーズンは両校ともに、往年の黄金時代を彷彿させる戦力が揃う。「タテのメイジ」「ヨコのワセダ」。どちらが勝るか。

勝敗のカギを握るのはFW戦だ。ブレイクダウンで主導権をとれるか、セットプレーで優勢に立てるか。この2点が試合を左右する。今シーズンはモールからのアタックを強みとする早大FW陣だが、強豪校との対戦ではFW戦で後手に回ることが多い。6月の早明戦ではスクラムを押し込まれ、5-29と力負け。対抗戦の帝京大戦でも、ブレイクダウンを制圧された結果、ディフェンスラインの形成が遅れ、失点につながるケースが多く見られた。両チームともBK陣は強力なだけに、そのBKを生かすためにFWの奮闘が欠かせない。

対する明大はスローガン「EXCEED」の下、新チームを始動した。伝統の重戦車FWが復活。安定したセットプレーを起点に得点を重ねている。特にスクラムは、各世代で代表に選出されているプロップ祝原涼介(4年、 桐蔭学園)を中心に絶対の強さを誇る。帝京大戦ではスクラムを制圧し、トライを演出した。そんな強力FW陣をまとめ上げるのが、副将のフランカー井上遼(4年、報徳学園)だ。ボールキャリーに定評があり、前への推進力はチームでも随一。持ち前の高いフィジカルを生かしたプレーは早大の脅威となるだろう。

早稲田ラグビー_2
明大のFWの要、フランカー井上(中央左)

BK陣には主将の福田健太(4年、茗溪学園)をはじめ、昨年から活躍してきた選手が多い。けがから復帰したWTB髙橋汰地(たいち、4年、常翔学園)WTB山村知也(3年、報徳学園)らスピードスターがそろい、決定機を確実にトライへとつなげる。CTB森勇登(ゆうと、2年、東福岡)CTB渡邉弐貴(そうき、4年、國學院栃木)のコンビはカバーディフェンスがうまく、ピンチの芽を摘む。最後方でBKをまとめ上げるのがFB山沢京平(2年、深谷)。状況判断に優れ、空いたスペースを見逃さずに突破する。

明大は強力な攻撃力を備えている。主導権を渡さないためにも、早大はセットプレーで優位に立つのが重要だ。相手の強みであるスクラムにどう対処するか。主将のフランカー佐藤真吾(4年、本郷)が「ディフェンスで勝つ」と語る通り、ディフェンス面も勝負のポイントだろう。早慶戦ではチームの根本であるシャロ―ディフェンスが80分間機能し、7点差で勝った。同じ守りができれば、早明戦でも優位に進められるに違いない。伝統の一戦を制し、対抗戦優勝という栄冠を手にして大学選手権へ弾みをつけたい。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む

Related Topics関連する記事