バレー

関学、全員バレーで因縁の相手に快勝

強烈なスパイクを放つ滝川(1年)

関西大学リーグ1部 第10週

5月12日@京都産業大
関学大(6勝4敗)3-0甲南大(3勝7敗)

3連敗中の関学がリーグ10戦目を迎えた。相手は、昨秋のリーグ戦でフルセットの末逆転負けを喫した甲南大。この日は立ち上がりから関学ペースだった。

MB(ミドルブロッカー)関拓真(2年、土浦日大)のスパイクを皮切りに、WS(ウィングスパイカー)瀧川侑真(1年、清風)が連続サービスエースを決め、一気に4連続得点。勢いはとどまることなく、25-21で第1セットを奪った。続く第2セットに5連続失点すると、すかさずタイムアウトを要求。その後は息を吹き返し、関、瀧川、WS髙山智也(1年、崇徳)らが得点を重ね、25-19でこのセットもとった。

2セット連取で勝利ムードが漂ったが、相手は独特のリズムを持ち、関学にとって相性の悪い甲南大。何度も苦しめられた相手に油断はできない。第3セットでは序盤からリードを許す展開に。ブロックも決められ、リズムを崩されかけた。しかし、「点を取ってコートを走ろうと、もう一度声を掛け合って実行できた」と、主将のL(リベロ)中川礼生(4年、市尼崎)。メンバー全員が声を出し、ベンチからもコートの選手たちを盛り上げた。長いラリーも粘り強いレシーブでつなぎ、MB新田義宗(1年、開智)の連続サービスエースで逆転。終盤は髙山のスパイクがさく裂し、25-23で第3セットを獲得。因縁の相手にストレートの快勝と、成長を見せつけた。

ストレートで勝利をおさめ、喜ぶ選手たち

今年度のチームの持ち味は、全員バレー。「バレーは信頼で成り立ってるスポーツ」と中川が語るように、「信頼」をスローガンに掲げ、チームをつくってきた。タイムアウトのときは、ベンチメンバーが飛び上がってコートメンバーを迎え入れる。また、下級生が何人もスタメン出場を果たしている。ベンチメンバーの上級生は、自ら声を掛けてサポート。劣勢でもリズムを崩さず、勝ち切るための強さとなった。残るはあと1試合。全員バレーで真価を発揮する。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む