陸上

特集:第98回関東インカレ

城西大・荻久保寛也 負けず嫌いはトップを目指す

序盤から積極的に前方につく萩久保

第98回関東学生陸上競技対校選手権 男子1部10000m決勝

5月23日@相模原ギオンスタジアム 5位(日本勢2位) 
荻久保寛也(城西大4年) 28分57秒12

関東インカレが開幕し、1日目の5月23日は10000mのレースが行われた。城西大学4年の荻久保寛也は、終始先頭付近でレースをすすめ、粘りの走りで日本勢2位に入った。全日本大学駅伝で2区の区間賞をとって注目されたが、箱根駅伝はけがで欠場。ラストイヤーにかける思いを聞いた。

実は胃炎になっちゃって……

箱根駅伝前の怪我は長引き、本格復帰したのは3月20日ごろだったという。そこから(4月21日の)兵庫リレーカーニバル、(5月4日の)ゴールデンゲームズのべおかと連戦。急ピッチで仕上げた影響もあってか、「先週胃炎になっちゃったんで、実は今日出るかちょっと迷ってました」と言う。「結局出ることにしたんですが、安全にいこうと。でも意外とペースが遅かったので、最初から脚を使わずにいられて、最後まで粘れました。ある程度いいレースができたんじゃないかと思います」。

スローペースでレースが進んだことが、荻久保には幸いした

ここまで話して、ちょっと胃のあたりをさすった。思わず「大丈夫ですか?」と言うと、「ちょっと胃炎が……」と苦笑いした。

負けず嫌いだから、トップをとりたい

ラスト1周、先行する早稲田の太田智樹(4年、浜松日体)を抜いた。すごいスパートでしたね、と言うと「高校の時とかに1500mもやってて、スパートにはちょっと自信がありました。それに(太田が)同年代だったので、絶対抜いてやるぞという気持ちで力を振り絞りました。根性だけはあるタイプだと思うんで。でも今日、前が見えてたのに途中一人になってきつくなってしまって2位になったので、ちょっと悔しかったです」。根性もだが、負けず嫌いも相当なものだ。

苦しくなっても粘り、最後はスパートでさらに前に出た

新しいチームの最上級生となり、練習で引っ張ったり「最上級生らしさ」を出していきたい、とも語ってくれた。目標は?と聞くと「本当は兵庫リレーカーニバルでユニバの代表を狙ってたんですけど、そこがだめだったので……。とりあえず今は練習を積んで、箱根駅伝の予選会で日本人トップを取りたいです」。かなり大きな目標だ。思わずそう言うと「負けず嫌いなんで、その気持ちを忘れたくなくて」。柔和な中にも、やってやる、という意思を感じられる声できっぱりと言った。

次のレースは26日の5000m。「明日信用している鍼治療の先生の予約をとっているので、なるべく疲れを取って5000mをがんばりたいです」。負けず嫌いの男はこれからも、上を目指して走る。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む