アメフト

中京大アメフト鳥海天、王者関学からもぎとったタッチダウン

関学との試合中、サイドラインで仲間と話し合う鳥海(撮影・安本夏望)

春の交流戦

6月29日@関西学院第3フィールド
関西学院大 55-21 中京大

東海学生アメリカンフットボールリーグ1部の中京大学は6月29日、昨年度の学生王者である関西学院大学に挑んだ。関学サイドは下級生中心のJV(ジュニアバーシティ)戦の位置づけだったが、選手層の厚さが違い、21-55で負けた。この試合、中京大で意地を見せた一人がWR(ワイドレシーバー)の鳥海天(とりうみ・そら、3年、東海南)だ。

関学ファンも沸いた執念のキャッチ

観客席にはざっと100人ほどの関学ファンが観戦に訪れていた。鳥海はその人たちをも沸かせた。7-41と大きくリードされた第3クオーター(Q)5分すぎ。QB蟹江滉太(2年、中京大中京)の投げたミドルパスに対し、鳥海が関学のDB(ディフェンスバック)と競り合いながらもぎとった競った相手がバランスを崩している間に、必死でエンドゾーンまで走り抜けた。66ydのタッチダウン(TD)パスだ。鳥海は駆け寄ってきた蟹江と抱き合った。「うれしくて、(TD後のキックに)ホルダーとして残らないといけないのに、忘れてみんなとサイドラインに戻ってしまいました。あとで、しっかり怒られました」。試合後、苦笑いしながら額の汗をぬぐった。

関学のDBと競り合い、ボールをもぎとった(撮影・安本夏望)

この日の中京大は不測の事態に見舞われていた。第2Qに快足自慢のエースQB横山海マクスウェル(4年、東邦)が負傷退場。代わりに最近QBの練習を始めたばかりの2年生WR蟹江がオフェンスを率いた。「蟹江がターゲットを見えてなかったので、どんなボールが来ても捕ってやろうと思ってました。自信になりましたね。学生日本一の関学とやり合えてよかったです」。しかもTDのあとのキックオフで、鳥海は関学のリターナーに素晴らしいタックルを決めた。春のシーズン最終戦で、確かな手応えをつかんだ。

鳥海は小学3年生から野球一筋だった。高校は愛知県大会で初戦敗退するような学校だったが、セカンドやショートを守る中心選手だった。最後の夏は主将としてチームをけん引。レギュラーのキャッチャーがけがをして、最後はやったこともないキャッチャーで出た。進学した中京大では強豪の準硬式野球部に入ろうかとも考えたが、「もっとほかに熱くなれることがあるかも」と思い直した。キャンパスを歩き、激しい勧誘を受けたアメフト部に友だちと一緒に入った。それまでアメフトはまったく知らなかった。最初に見たのは、NFLの名WRオデル・ベッカム・ジュニア(クリーブランド・ブラウンズ)のスーパープレー集。「これだ、って思った」。迷うことなく、ポジションはWRを希望した。

アメフト歴3年目の鳥海にとって、関学との対戦は貴重な体験となった。この日は驚きの連続だったという。「グラウンドがいいですね。アメフト専用だから、もとからヤードを示す線が引いてあるし、真ん中には三日月の上に『K.G.(関西学院)』って書いてあるし。見てて興奮しました」と、目をキラキラ輝かせながら話した。

パスを捕ったあと、必死で駆け抜けた(撮影・安本夏望)

またKGと戦いたい!

鳥海天という珍しい名前について尋ねると「よく、大自然やなって言われます」と大笑い。名字の鳥海は岩手県にルーツがあり、「天」は空のように大きく育ってほしいとの願いからつけられた。「天」と書いて「そら」と読む理由は分からないそうだ。それでも「空より天の字の方がかっこいいんで、こっちでよかったです」とニンマリ笑った。

最後に、秋のシーズンに向けた抱負を聞くと、キリッとした顔に戻った。「まず、東海でダントツ1位のレシーバーになって、チームをリーグ優勝させます。そして、またKGと戦いたいです!」と誓った。目指すは甲子園ボウル出場をかけた西日本代表決定戦での再戦。そのためにも、鳥海天は夏の練習を経て大きく羽ばたくつもりだ。

急造QBの蟹江(右)と抱き合う鳥海(撮影・篠原大輔)

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む