サッカー

特集:天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会

明大が川崎フロンターレに善戦! サッカーを通して深まる母校の絆

川崎FのFW知念とボールを争うMF安部

天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 2回戦

7月3日@神奈川・等々力陸上競技場
明治大 0-1 川崎フロンターレ

天皇杯の2回戦があり、明治大学サッカー部は約8031人の観衆の前で善戦したが、J1王者・川崎フロンターレの壁を越えられなかった。試合は前半15分にセットプレーから失点。後半に猛攻をみせたが、ゴールはならず。0-1のまま終わった。

ワンチャンスをモノにされた

序盤から川崎フロンターレの流れで試合が進んだ。前半15分、右サイドのCKからヘディングで押し込まれた。一度はMF中村健人(4年、東福岡)がかき出したが、そのクリアボールが不運にも味方に当たりオウンゴール。早い段階で先制点を許してしまった。「(前半は)プレーに固さがあった」とDF須貝英大(3年、浜松開誠館)。

後半は明大が泥臭いプレーで川崎のゴールに迫った。ハーフタイムに栗田大輔監督から「相手の守備の裏をトップ下から3枚抜け出して、活路を見いだせ」と伝えられた選手たち。その指示通り、果敢に攻めに出る。FC東京への入団が内定しているボランチの安部柊斗(4年、FC東京U―18)を起点にチャンスメーク。前半はシュート数ゼロに押さえられたが、後半は相手を上回る6本のシュートを放った。しかし0-1のまま終了。涙を流しながらピッチ上に倒れ込む選手もいた。

紫紺色に染まったスタンド

健闘をたたえあう両チームの選手たち

明大サイドの応援席は、大学カラーである紫紺色に染め上げられた。この試合は学生、父母、OB・OGなど、世代を問わず大勢の明大サポーターが応援に訪れた。敗れてしまったが、試合後には応援団を中心に大声で校歌を合唱。健闘した選手たちに、鳴り止まぬ励ましのエールを送った。初めてサッカー観戦をしたという女子学生は「大学の一体感がすごくて、ルールを知らなくても楽しめました。また応援に行きます」と笑顔で語った。栗田監督も「学校からバスが出ました。大学をあげてバックアップをしていただいた。本当に大学の一体感を感じました。感謝しかない」と、感慨深げに語った。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む