サッカー

特集:天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会

法大の長身FW松澤彰は就活封印中、夢のプロ入りをあきらめない

試合後、充実した笑顔で応援団に応える松澤(9番、すべて撮影・北川直樹)

天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権2回戦

7月10日@東京・味の素フィールド西が丘
法政大 2-0 東京ヴェルディ

7月10日にあった天皇杯2回戦で、法政大はJ2の東京ヴェルディを2-0で下した。Jクラブを倒すという目標を掲げていた法政の選手たちにとっては格別の勝利だ。その立役者の一人になったのは、後半に先制ゴールを決めた4年生のFW松澤彰(浦和レッズユース)。「あの一発にすべてをかけました」。興奮気味に振り返った試合後の松澤は、満面の笑みを浮かべていた。

シュート数は10対2。法政が内容でも圧倒

法大は序盤から積極的に前に出た。中盤から前線の選手たちが素早いプレスを仕掛け、セカンドボールをことごとく拾うかたちからペースを握った。守備に回っても、センターバックでキャプテンの加藤威吹樹(いぶき、4年、サンフレッチェ広島FCユース)を中心に、相手の攻めをブロック。東京ヴェルディを十分に苦しめた。

0-0で折り返し、迎えた後半12分、法大は右サイドからのクロスに松澤が頭で合わせて先制。法大側のゴール裏に集まった学生たちは歓喜に沸いた。さらに同34分には、左サイドを途中出場のFW佐藤大樹(2年、北海道コンサドーレ札幌U-18)が突破し、ゴール前へグラウンダーのクロスを送ると、MF橋本陸(4年、西武台)が押し込んで2-0。試合はこのまま終了。シュート数は10対2と法大が内容でも圧倒し、見事なジャイアントキリングを起こした。

後半に放った唯一のシュートが先制点に

プロの選手とも臆することなく競り合った松澤(左)

昨年のインカレを制したことで今大会の出場権を得ていた法大は、1回戦で社会人リーグのブリオベッカ浦安に1-0で勝利。続く2回戦を迎えるにあたり、「Jクラブを相手にいいゲームをするだけでなく、勝つ準備をしっかりした」と長山一也監督。ユニバーシアード日本代表メンバーとしてイタリアへ遠征中のFW上田綺世(あやせ、3年、鹿島学園、鹿島アントラーズ入団内定)とMF紺野和也(4年、武南、FC東京入団内定)の主力2名が不在の中、長山監督は前線の1トップに、関東リーグでは出番の限られている松澤をスタメンで起用した。

松澤によると、先発で出ることを伝えられたのは試合3日前だったという。それでも慌てなかった。「チームのためにプレーするっていうことを意識すれば、自然といいプレーが出る。できることを100%やれば結果につながると思っていたので、気負うことはなかったですね」と松澤。試合当日には、上田と紺野の二人からメッセージが届けられた。「いつも試合前にモチベーションビデオを見るんですけど、いつもとは違ってサプライズみたいな感じで最初に二人のメッセージが入ってたんです。メッセージも熱いものがあって、より気が引き締まった感じがしましたね」

ゴールを決め、松澤は雄叫びをあげた(中央左)

松澤は前半から189cmの長身を生かしたヘディングや、体を張ったポストプレーで積極的にボールへ絡んだ。すると最大の見せ場が後半12分にやってきた。右サイドにボールが展開された瞬間、松澤は前方へ走った。「ゴール前を見たときにファーサイドにスペースがあったので、そこにクロスが来ると信じて走り込んだんです」。味方からのピンポイントクロスをヘディングで叩きつけて先制ゴール。これがこの日、松澤が放った唯一のシュートだった。

プロ入りのために、就活は封印中

大学ラストイヤーを迎えた松澤がここまでのリーグ戦で出番を得たのは2試合のみ。下級生の上田や佐藤とのポジション争いで後手を踏み、控えに回っている現状について「もちろん悔しさはあります」と言いつつ、自らの実力を踏まえた上で謙虚に言葉を続けた。

「4年生なのに試合に出られてないもどかしさはありますけど、結果を残してないのは自分なので。そこは割り切って、自分はチームのために何ができるか、できることを精一杯やることでチームに少しでもプラスになるようにいつも心がけてます」

松澤はプロ志望だが、まだ内定していない。あくまでプロを目指すために、一般的な就職活動は封印中だという。「プロ入りへのアピールにつながったのでは」と問われると、表情を崩しながら、松澤は言った。「責任感を持ったプレーができたかなとは思います。個人としてもゴールできましたけど、もっとやっていかなきゃなっていうのはあります」

プロ入りという目標へ、天皇杯2回戦は松澤にとって確実なアピールの場となった

法大でプロ入りが内定しているのは、上田と紺野の2人。上田は再来年の2021年に鹿島アントラーズへ、紺野は来年にFC東京へ入る見込みだ。法大の主力である彼らに比べると、松澤はアピールしきれずにいる。それでも最後まで夢のプロ入りをあきらめるつもりはない。「自分ができることを精一杯やっていく」。松澤はそう胸に誓っている。

法政は8月14日の天皇杯3回戦で、J1のガンバ大阪と対戦する。「誰が出ても100%の力が出せるような準備をしたい」と語った松澤。夢を追い続けるために、虎視眈々とチャンスをうかがう。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む