大学サッカー

特集:天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権

天皇杯で快進撃の法大MF大西遼太郎、ガンバからアグレッシブに奪った先制点

大西(右)は臆せず終始アグレッシブにプレーした

天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権3回戦

8月14日@東京・味の素フィールド西が丘
法政大 2-0 ガンバ大阪

まさにジャイアントキリングだ。8月14日のサッカー天皇杯3回戦、法政大学はJ1のガンバ大阪と対戦し、2-0で完勝した。先制のゴールを決めたのは、MF大西遼太郎(4年、ジュビロ磐田U-18)だった。

自分たちの持ってるものを全部出す、と臨んだ

ガンバ大阪はドイツから戻ってきたMF井手口陽介やMF遠藤保仁らを先発させ、リーグ戦と遜色のないメンバーで臨んだ。法政大は8月4日の関東大学リーグ戦から11日間で4連戦目となるタイトなスケジュールだったが、相手はガンバだ。「日本を代表するレベルのチームとの試合だから、自分たちの持っているものを全部出す」と長山一也監督。かねてより「Jクラブを倒そう」と掲げてきたチームは、J2の東京ヴェルディに勝った2回戦同様、最初からアグレッシブに仕掛けていった。

前半8分、MF平山駿(3年、三菱養和SCユース)が強烈なミドルシュート。これはゴール上にそれたが、会場全体は大いに沸き立った。24分に右からFW田中和樹(2年、浦和学院)のパスを受けた大西が右足でシュート。ゴール右に突き刺さり、先取点となった。

得点を決め喜ぶ大西(左)とチームメイト

1-0で後半へ。ガンバは井手口に変えてMF倉田秋、7分には遠藤に替えてFW宇佐美貴史を投入したが、決定力を欠いた。法政は11分、MF服部剛大(3年、横浜FCユース)に替えてMF紺野和也(4年、武南)、19分には平山に替えてFW松澤彰(4年、浦和レッズユース)を投入した。そして25分には左のコーナーキックに体を投げ出して飛び込んだDF森岡陸(3年、ジュビロ磐田U-1)が頭で合わせ、2点目を奪った。

その後法政は守りを固め、守りきった。試合終了のホイッスルと同時に、法政の選手たちに笑顔がはじけ、大番狂わせの喜びを爆発させた。

一番うれしいゴール

「こんなにたくさんの観客の前でやるのは初めてだったので、いままでにない気持ちでした。一番うれしいゴールです」。大西が満面の笑みで言った。「コースがそこしか見えなくて、リラックスして打てました。結果的に日本代表の選手(GK東口順昭)から点が取れたのはうれしいです」

リラックスして打ったシュートが、値千金の先制点となった

この日のチケットは完売し、観客は満員の4905人。いつも大学リーグでプレーしているフィールドではあるが、普段とはまったく違う雰囲気。特に大勢のガンバサポーターが声を揃える応援は、大迫力だった。緊張はしなかったのだろうか? 「個人的には相手の応援が大きくて、スタジアム全体が盛り上がっている雰囲気だったので、ビビるとかはなくて、逆にモチベーションが上がりました。自分は普段のリーグ戦のときも毎試合緊張してるんで、今日の試合が特別気負ってたとかはないです。いい感じに試合に入れました」

法政は終始攻めて快勝したように見えた。それでも大西は「快勝って感じじゃないです。すごく厳しい試合でした。むちゃくちゃキツかったです」「フィジカル的にアップアップでした。すごく揺さぶられて、ただただキツくて。そういう中でも声をかけあえたのでよかったです」。厳しい戦いだっただけに、2-0での勝利は自信になった。

大西はどちらかというと、ディフェンスを強みとしている選手だ。「とにかくキツくても、球際だけはしっかりいこうと思ってました。運動量が多くて、穴を開けないのは厳しかったんですけど、できたんじゃないかなと思います」と一定の手応えを感じている。プロ志望の大西だが、まだ進路は決まっていない。今回はいいアピールになったんじゃないですか? と聞かれると「こういう大きな舞台で決められたのは、アピールになったと思います。J1相手でもここまでやれるぞ、と見せられました」と語った。

この日は法政の応援団も大勢つめかけた

綺世がいなくても強い法政を

法政は絶対的エースの上田綺世(あやせ、3年、鹿島学園)が7月限りで退部し、J1鹿島に合流した。どうしても彼が抜けたことが注目されがちだが、長山監督は「上田がいなくても注目されるように、チーム全体で補いながら勝てるチームを作っていきたい」と言った。大西も同じ思いだ。「綺世がいなくても法政が強いんだと証明するには、結果が必要だと思うんです。彼は3年だけどチームの中心でやってて、考え方とかも尊敬できる部分があって、見習うところが多いです。いまの法政の試合に対するアグレッシブさは、綺世からもらった部分もあるのかなと思います。こないだ綺世が点を決めて(8月10日の横浜Fマリノス戦で決勝ゴール)僕たちにも刺激になりました。今度は僕たちの結果が綺世の刺激になったりもするんじゃないかなと思います」。先に次のフィールドへ足を踏み入れた後輩への思いを語った。

次に目指すのは、学生の頂点だ

チームとしては、月末の総理大臣杯に目標を定める。「トーナメントで勝ち上がっていくの
は難しいけど、しっかり大学チャンピオンになりたいです。今はそこだけを見てます」勝ちの喜びから切り替え、新たなる高みを目指す。

4回戦の相手はJ2甲府に

天皇杯、ここから先はどこまでいきましょうか? との質問に、笑顔で「もう行っちゃいますよ。ガンバに勝てたら……。優勝を目指したいですけど、まず次のベスト8をしっかり取っていきたいです。チャレンジャーというのは変わらないので、勝つ自信をつけていきたいです。アグレッシブに」。8月16日の抽選の結果、4回戦(ラウンド16)の相手はJ2のヴァンフォーレ甲府に決まった。法政の快進撃はどこまで続くか。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む