大学サッカー

連覇狙う明治の頼れる主将、佐藤亮が総理大臣杯決勝のトラウマ払拭へ

準決勝で先制ゴールを決め、喜びを爆発させる佐藤(すべて撮影・安本夏望)

第43回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント

9月5日@大阪・ヤンマーフィールド長居
準決勝 明治大(関東第1)2-1 関西大(関西第2)

総理大臣杯の準決勝で明治大(関東第1代表)は関西大学(関西第2代表)との「明関戦」を2-1で制した。2連覇のかかる決勝は9月7日、2年前と同じカードで法政大(関東第5代表)と対戦する。

法政サッカーMF森俊貴、監督の期待に応える決勝ゴール  総理大臣杯準決勝

2年のときは大けが、3年のときは入院

やっぱり主将は頼りになる。前半20分、FW佐藤亮(4年、FC東京U-18)がMF(ミッドフィルダー)森下龍矢(4年、磐田U-18)の折り返しを押し込む先制ゴール。佐藤は「どうだ」と言わんばかりに右腕を突き上げた。直後にはMF中村帆高(4年、日大藤沢)が2試合連続のゴールで続く。メイジが一気にリードを広げた。

佐藤は不安と戦っていた。昨年の総理大臣杯で2年ぶりに優勝。その直後、当時の4年生から「お前らの代で決勝にいけば5年連続だぞ」と言われた。キャプテンを任された佐藤は、プレッシャーに押しつぶされていた。しかしこの春のシーズン、関東大学1部リーグ戦の前期を終えた時点で勝ち点30と首位を独走。いつしか不安は消え、自信に変わっていた。この日の準決勝の前半もシュート12本で関大を圧倒。後半はメンバーを落とし、盤石の戦いぶりで、あの日先輩から言われた5年連続決勝進出をなし遂げた。

プレッシャーだらけで主将になったが、春の快進撃で自信がついた

入学直後からトップチームでプレーする佐藤だが、総理大臣杯の決勝にはろくな思い出がない。2年生のときは試合開始10分で大けが。昨年は決勝の前日にへそから膿(うみ)が出てきて病院へ。尿膜管遺残症と診断され、手術と入院を余儀なくされた。「この3年間、総理大臣杯でチームのために戦えてない。悔しさしかなくて、いいイメージがないんです」。ラストイヤーに、その悔しさを払拭(ふっしょく)するチャンスが残った。

家族愛とチーム愛に満ちあふれて

この日、スタンドには両親の姿があった。けがや病気、試合に出られない時期も支えてくれた。東京出身。3人きょうだいの末っ子として育った。兄もサッカーをしていたが、その兄よりもサッカー漬けの生活を送ってきた。週末の試合には必ず、両親が応援に来てくれた。「家族には我慢させてばかりです」。佐藤は申し訳なさそうに口にした。家族が大好きだ。周りの人たちに驚かれるほど強い家族愛が胸にある。

9月7日の決勝には兄と姉も応援に駆けつけ、家族5人がスタンドにそろう。さらに東京に残っていた部員たちが午前5時発のバスで大阪にやってくる。
「点を取るだけじゃなくて、しっかり声をかけて、ハードワークして優勝で締めくくります。勝って、家族やチームメイトと喜びたい」。頼れる主将に引っ張られ、メイジが2年連続の日本一をつかみにいく。

ろくな思い出のない総理大臣杯決勝で、最後に笑えるか