大学陸上・駅伝

特集:第88回日本学生陸上競技対校選手権

東洋大・津波響樹が日本インカレV 2本限定のジャンプで橋岡優輝を逆転 

2本目となる5回目の跳躍で8m08を跳び、優勝を決めた(すべて撮影・安本夏望)

第88回日本学生陸上競技対校選手権

9月13日@岐阜メモリアルセンター 長良川競技場
男子走り幅跳び決勝
1位 津波響樹(東洋大4年)   8m08(向かい風0.2m)
2位 橋岡優輝(日本大3年)   7m94(向かい風0.5m)
3位 泉谷駿介(順天堂大2年)7m92(無風)

陸上の日本学生対校選手権(日本インカレ)2日目、男子走り幅跳びの決勝は、2連覇を狙っていた日大の橋岡優輝(3年、八王子)を東洋大の津波響樹(つは・ひびき、4年、那覇西)が逆転し、津波は2年ぶり2度目の学生王者となった。

走り幅跳びの歴史が動いた日、キラリ光った橋岡優輝と津波響樹の大学生コンビ

最後の日本インカレで2年ぶりの頂点

津波は5回目の跳躍前、腕振りを5度繰り返し、勢いをつけて駆け出した。スピードに乗った助走から8m08をマーク。1回目で7m94を跳んでトップに立っていた橋岡を抜いた。2年前、優勝した福井でたたき出した8m09の大会記録には1cm届かなかったが、堂々の優勝で最後の日本インカレを締めくくった。「4年生として結果を出せてよかったです」。津波に笑顔があふれた。

橋岡は1回目に7m94を跳び、4回目以降をパスした

9月のはじめにハムストリングスの肉離れが再発。この日はチームスタッフと相談し、跳ぶのは2本だけと決めていた。1回目がファウルになり、2回目が7m92。続く3、4回目をパス。5回目に橋岡を逆転した。「(助走で)スピードを出すことを意識しましたけど、まだ足りないです。世界で戦うには、前半から攻めていかないと」。淡々と課題を口にした。

ドーハからメダルを持ち帰りたい

8月17日の「Athlete Night Games in FUKUI」では、日本新記録ラッシュを目の当たりにした。まず橋岡が8m32を跳んで27年ぶりに日本記録を7cm塗り替えると、その40分後に城山正太郎(ゼンリン)が8m40の驚異的な日本新記録を樹立。津波は8m23で3位につけ、8m22の東京オリンピック参加標準記録を突破した。それでも、日本記録をめぐる争いに加われなかったのが悔しかった。

「その場では『勝ちたい』と思ってました。でもその日も大事をとって2本でやめました。目の前で日本記録が2回出たことは悔しかったんですけど、記録は記録なので、逆に次は自分がその記録を目指して頑張りたいと思いましたね」

津波(中央)と橋岡(左)、今度は世界選手権という舞台で戦う

津波も橋岡も、9月27日からドーハで開催される世界選手権を見すえての跳躍になった。津波は日本インカレ開幕前日の9月11日、追加発表で世界選手権の日本代表に内定。自身のTwitterでも「今まではテレビで観る側だったけどやっと世界のスタートラインにきました! 」と喜びを絵文字たっぷりで表していた。今月27日から始まる世界選手権に向け、勢いは十分だ。「出るだけで満足するんじゃなくて、自分がいまできる限りのパフォーマンスをしたい。優勝を目指してメダルを持ち帰りたいですね」

ドーハから、来夏の東京オリンピックへ。日の丸を胸に「ヒビキ・ツハ」の名を世界にとどろかせたい。

この記事をシェア

in Additionあわせて読みたい

Their Stories大学別・競技別に読む