大学野球

連載: プロが語る4years.

野球が大好きだから、いつでも楽しんでプレーする 埼玉西武ライオンズ源田壮亮・3

プロが語る4years.
連載一覧を見る
「ライオンズでの野球はすごく楽しい」と源田さんは語る(すべて撮影・佐伯航平)

輝かしい舞台で躍動するプロアスリートの中には、大学での4years.で花開いた人たちがいます。そんな経験を持つ現役プロや、元プロの方々が大学時代を中心に振り返る連載「プロが語る4years.」。第6弾はプロ野球・埼玉西武ライオンズのショートを守る源田壮亮(げんだ・そうすけ、26)さんです。取材・執筆は4years.の野球応援団長をつとめる笠川真一朗さんが担当します。3回目は源田さんが日々野球に取り組む原点についてです。

トヨタ自動車で守備の師匠と出会い、自信を持ってプロに 埼玉西武ライオンズ源田壮亮・2

監督の目線になって、客観的に自分を見る

僕も高校、大学と強豪校の野球部に所属させてもらって、プロや社会人の世界で長く野球を続けていく選手たちをそれなりに見てきました。その人たちに共通するのが、どんなときでも自分を客観的に見られるところがあるな、ということです。そのことについて源田さんに聞いてみると「それはあると思います。プロに入ってすごいと思ったのが、1年間だけ一緒にプレーさせてもらった(松井)稼頭央さん(現・2軍監督)。大ベテランで実績のある人が、10歳ほどもトシの離れた若手より長くグラウンドにいたんです。いまのライオンズのベテランの方もそうですが、長く野球をやれてる人は、自分が何をしたらいいのかをちゃんと理解してる人が多いと思います」。野球を続ける選手のすごさを、肌で感じたそうです。

源田さん自身も、監督の目線になって自分を客観的に見ることがあるそうです。「もし自分が監督なら、計算の立つ選手を使いたいと思うだろう、と。まず守備がしっかりできたら『計算が立つ』と自分では思ってて。『とりあえず源田にショートを守らせておけば大丈夫だな』と思ってもらえるような選手になることは、ずっと意識してきました。トヨタでベテランの選手やうまい選手を見たときに、それをさらに強く実感したし、プロになってからもそう思います」

どんな選手になったら使ってもらえるか。常にそれは意識している

「計算が立つ」。その言葉通り、源田さんの守備は見ていて安心、信頼できます。どんなに難しいプレーでも、いとも簡単にやってのける。個人的にずっと気になってたことを聞いてみました。

「いつも難しいプレーを簡単にやってるように見えるんですけど、そこは何か意識してますか? そのプレーの後の表情も淡々としてるように見えるんですが、内心はどうですか?」

「ピッチャーがどう思ってるかは分からないけど、ショートに飛んだら『あぁ、打ち取ったんだな』と思ってもらえるようにしたいと思ってやってます。どんなプレーも極力普通のプレーに見せたいです。冷静に見えてるかもしれないけど、内心はうれしいよ」と、ほほ笑んで答えてくれました。素直な源田さんの気持ちが聞けて、僕はすごくうれしかったです。

野球が好き、とにかく大好き

源田さんの話を聞いている時に、思い出したことがひとつあります。初めて源田さんにお会いした日の帰り際に「源田さん、野球好きですか?」と質問しました。僕は長く野球を続けている人に、よくこの質問をします。そんなに深い意味はありません。率直に聞いたらどんな答えが返ってくるのか、僕にとって純粋に気になることなんです。そのとき源田さんは「大好きよ。ライオンズでやる野球は楽しい」と、真剣に答えてくれました。それを聞いて僕は、源田さんのことをずっと応援したいと改めて思いました。

そのことを源田さんに取材中に伝えると「いまもそう。好きなことを仕事にできて、一日中野球ができるのは幸せなことです。2年間企業で働きながら野球をしてたから、さらにそう思います。試合で嫌なことも確かにあるけど、一日中野球ができるのは、やっぱり幸せ。ライオンズで野球をやれて、すごく楽しいです」。僕と初めて会った日と変わらず、野球をやれる幸せを日々実感されているようでした。

サヨナラで勝利。笑顔の源田さん(左から3番目)

誰でも好きなことをずっとやり続けていれば、本気でやればやるほど、どこかで必ずつらいことやしんどいこともあって、目を背けたくなることも出てくるはずです。それでも源田さんは好きな野球をやり続けれる幸せをかみしめながら、毎日プレーしています。そんな姿に僕は日々、感動しています。

「野球が好き」とまっすぐに言える源田さんだからこそ、当たり前じゃないけど毎日当たり前のように試合に出続けられるのではないかな、と僕は思いました。

自分のいい部分を自信が持てるまで伸ばす

最後に、野球に打ち込む大学生へのメッセージをお願いしました。
「僕の場合は守備がアピールポイントでした。バッティングがダメで、3年生のころにしっかり向き合って練習はしたけど、まずはとにかく自分のいい部分を自信が持てるくらいまでひたすら練習をするのが大切です。大学入学当初は不安もあったし、めちゃくちゃエラーもしたけど、でも練習をすることで3年生くらいからは自信を持ってグラウンドに立てました。自分のいい部分を大切にしてほしいです」
源田さんは自分自身のいい部分を伸ばし続けてきたからこそ、いまの守備があると語ってくれました。貴重なアドバイスですのでぜひ1度、実践してみてください。
いい部分、伸ばしていきましょう。僕もそうします。

最終回の4回目は僕と源田さんの出会いについて書きたいと思います。

源さんとの出会いは僕の宝物です! 埼玉西武ライオンズ源田壮亮・4完

プロが語る4years.