大学野球

連載: プロが語る4years.

源さんとの出会いは僕の宝物です! 埼玉西武ライオンズ源田壮亮・4完

じっくりと今までのお話を聞かせていただきました!(すべて撮影・佐伯航平)

輝かしい舞台で躍動するプロアスリートの中には、大学での4years.で花開いた人たちがいます。そんな経験を持つ現役プロや、元プロの方々が大学時代を中心に振り返る連載「プロが語る4years.」。第6弾はプロ野球・埼玉西武ライオンズのショートを守る源田壮亮(げんだ・そうすけ、26)さんです。取材・執筆は4years.の野球応援団長をつとめる笠川真一朗さんが担当します。最終回の4回目は源田さんとの出会いについて笠川さんが熱く熱く綴(つづ)ります。

野球が大好きだから、いつでも楽しんでプレーする 埼玉西武ライオンズ源田壮亮・3

大学時代から際立っていた守備力

「この人の話を僕が聞かないわけにはいかない」。僕はそう思って「お願いがあります。大学時代の話を聞かせてください」と、源田さんに個人的に連絡させてもらいました。

さかのぼれば、僕が立正大学野球部に在籍していた3年生の夏。暑い暑い熊谷のグラウンドであった愛知学院大学との試合です。滅多にない東海地方の大学との試合でした。どんな選手がいるのかなと思いながら試合前のノックを見ていると、線の細いカラダで強い存在感を放つショートがいました。ボールに入るまでの滑らかなステップ、グラブさばき、ボールの持ち替えの速さ、柔らかいスローイング。その華麗さに衝撃を受けました。その選手こそが源田さんでした。そこで見惚(ほ)れたのがすべての始まりです。

試合前練習でノックを受ける源田さん

華麗で堅実で素敵な守備はいま、野球ファンの間で「源田たまらん」と称されています。当時の僕が抱いた源田さんの守備に対する印象は「わからん」でした。すごすぎて、いままで見たことがないぐらい上手で「わからん」と思ったのです。だから僕は「源田わからん」と、いつも言ってます。

初対面で言われた「気持ち悪い!」

それから「源田壮亮」という選手を追いかけるようになりました。僕がまだ東京都内でサラリーマンをやっていたころ、源田さんを見に行くために、かつて源田さんが在籍されていたトヨタ自動車の試合の日に合わせて休みをとってました。直前にならないと試合の日が分からない場合は、無理を言って休みを変更してもらってました。こんなに「追いかけたい」と思った選手は僕にとっても初めてのことで、ほぼ恋をしてるような気持ちでした。一方的に熱烈に応援していた選手に仕事を通してお会いし、こうして取材をさせてもらえる日が来るなんて、思ってもいなかったです。本当にうれしく思います。

僕が芸人としてワタナベエンターテインメントに所属したてのころ、野球関係の知人を介して一緒に食事をする機会があり、源田さんと初めて対面しました。僕はそのとき、自分が源田さんを見て思ってたすべてのことを話しました。興奮気味にベラベラとしゃべり続けていると、源田さんが「気持ち悪い!」と言って微笑まれたことを思い出します。そしてその日をきっかけに、僕と源田さんの交流が始まりました。

今まで気になっていたこと、たくさん聞いてみました

ペナントレースの優勝をかけた大事な時期に「いいよ、やろうよ」と快く取材を受けてくださった源田さんの優しさに心から感謝しています。そしてその優しい人柄こそが、僕が源田さんを応援するひとつの大きな理由です。

「感情を押しつけてくる指導者はいなかった」

取材が終わったあと、源田さんが話してくれたことがあります。「何よりも、小、中、高、大学、社会人、プロと、自分の感情を押し付けて指導してくる指導者に1度も出会わなかったことが大きかったです。ちゃんと会話をしてくれるし、選手の気持ちを考えてくれる。そういう指導者の下で野球をやれたのは、本当に大きかった」と。続けて「野球は楽しくやりたい。楽しくやったほうがいい。悩みはたくさんあるけど、それも含めて野球って楽しいから」。幼いころからプロ野球選手を目指し、ひたすら自分と向き合い続け、地道に成長を遂げてきた源田さんだからこそ、心から野球を楽しめるんだと強く思います。

そしてどんなときも野球を楽しめる源田さんだからこそ、大学から社会人、社会人からプロとステージが上がるにつれて高くなるレベルに対して、走攻守どの分野においてもしっかり適応できているのではないでしょうか。「楽しむ」ことは、楽をすることではありません。どんな状況になっても、そのときそのときの苦楽としっかり向き合い、自分の成長につなげていくことが本当の意味での「楽しむ」ことなんだと僕は解釈しました。

今後も源田さんを応援するとともに、源田さんのように野球を心から楽しめる野球選手がたくさん現れることを、野球ファンの僕は楽しみにしています!

源さん! お忙しい中、取材を受けてくださって、そして僕の夢を叶えてくれて本当にありがとうございました! 今回の取材を通してまた改めて好きになってしまいましたが、こればっかりはご了承ください!
これからも応援してます!

Seriesこの連載をもっと読む

この連載の記事一覧へ

プロが語る4years.