大学アメフト

同志社アメフトDL岡本晃季 丸刈りで闘志にスイッチオン、初勝利へ大暴れを

きれいに刈った頭で初勝利の日まで戦い抜く(すべて撮影・安本夏望)

関西学生リーグ1部 第4節

9月29日@神戸・王子スタジアム
同志社大学(3敗1分) 14-14 近畿大学(1勝2敗1分)

アメフトの関西学生リーグ1部の第4節で、同志社大と近畿大が14-14で引き分けた。2部から復帰し、まだ勝ち星のない同志社だが、ディフェンスは奮闘している。その最前列でぶつかり続ける男に注目した。

近大と引き分け、「一番悔しい」

同志社のDL(ディフェンスライン)岡本晃季(こうき、4年、同志社香里)の表情は険しかった。14-14で試合を折り返し、後半はともに無得点。また、勝てなかった。「準備してきたものは出せました。でも近大を倒すことだけを考えてきてたので、一番悔しいです」

第1Q、近大のこの日2度目のオフェンスシリーズ。自陣29ydからの第3ダウン9ydで、近大のQB清水大和(1年、龍谷大平安)はパスに出た。岡本のラッシュは近大の2人のOL(オフェンスライン)に食い止められたが、清水の動きをよく見ていた。投げるのをあきらめ、ディフェンスから見て右へ駆け出したのを見ると、すぐに反応。身長174cm、体重102kgの体をぶつけ、清水を浴びせ倒す。4ydロスさせ、パントに追い込んだ。このあとの同志社のオフェンスで先制のタッチダウン(TD)が生まれた。
この日、岡本はオープンのランに対しても、相手のRBに襲いかかった。「読み通りにきてくれた部分もありました。デブにしてはスピードあるんです」と言って、ニヤリとした。

近大のQB清水(右下)をタックルで浴びせ倒した

高校野球では一塁手の控え、主将の評は「努力の塊」

主将のDB(ディフェンスバック)笹尾健(4年、近大付属)は岡本を「努力の塊」と評した。高校までアメフト未経験ながら、経験者を押しのけてスターターの座についている。

同志社香里高校では野球部。当時も80kgあって、ぽっちゃりしたファーストの控え選手だった。「とにかくバッティングセンスがなくて、へたくそ。向いてへんなって思ってました」と岡本。大学では体格を生かしてラグビー部に入ろうかとも考えた。だが、同志社のラグビー部といえば名門だ。セレクションもあるので、初心者には敷居が高い。それでアメフトに流れてきた。「太ってることがストロングポイントになった」。体重は高校時代から20kg以上増えた。筋力トレーニングの数値はチームトップだ。努力の甲斐(かい)あって、3回生からスターターとしてディフェンスの最前列に構える。

高校時代はぽっちゃりした控えの一塁手、いまは同志社の最前線にそびえ立つ

丸刈り頭がよく似合う。同志社の4回生のほとんどが、秋のシーズン初戦の関学戦を前に頭を丸めた。強制ではない。「自然と気が引き締まる」と丸刈りの“効能”を語る岡本は、3回生だった去年も刈った。初戦の前日にチームメイトとクラブハウスで刈り合う。岡本はOL(オフェンスライン)の眞目洋亮(しんめ・ようすけ、4年、高槻北)に刈ってもらった。「あいつはきれいに刈ってくれるんで」とニンマリ。「同志社は髪型に関しては自由です。僕は気持ちが高まるからやってます」。丸刈りは、岡本の戦闘モードのスイッチなのだ。

昨年、同志社は2部リーグを経験した。岡本は今シーズン、DLのスターターとして初めて関学、立命と戦った。完敗はしたが、楽しかったという。「結果は出てないですけど、強い相手とピリピリしたムードの中で戦えました」と岡本。もちろん後輩たちには来年も1部で戦ってほしい。残留へ向けて残る試合は三つ。「DLなんで、やっぱりQBサックを狙っていきたい」。まずは1勝だ。勝利のため、ワイルドローバーの97番が最前線で暴れ回る。

やられてもやられても、ぶち当たっていく

in Additionあわせて読みたい